ここから本文です

税理士の方に質問です。確定申告を複数の税理士事務所に見積もりをお願いしました...

vd1********さん

2018/2/2100:24:39

税理士の方に質問です。確定申告を複数の税理士事務所に見積もりをお願いしましたが、どの税理士事務所もかたくなに「確定申告書の作成をしてこちらが申告書を送付します」という点です。

なぜここだけかたくななのでしょうか?一度作成した書類を別の税理事務所に持って行き、税理士によって計算方法が異なると、後でクレームつけられたとき面倒だからですか?こう推測していますが、聞けません。

閲覧数:
422
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sai********さん

2018/2/2216:36:48

開業税理士です。

なぜ日本には税理士制度があるのか教えてあげますね。

戦後、アメリカのGHQが民主主義を日本に根付かせようとした時
納税も自主申告制度になったわけです。

でその自主申告をぜーんぶ税務署がチェックしたら膨大な手間がかかりますよね?

よって、国家から与えられた税理士資格を持つものに一次チェックをさせているわけです。
つまり、税理士の最も大事な仕事は、その申告書に押印することなんです。

これによって、税務署はまず申告書に税理士印が無いものだけを
重点的にチェックすればいいので、膨大な手間が省けますよね?

さらに、税務署は申告書一つ一つをチェックするのではなく
税理士自体をチェックして、問題のある税理士を炙り出せばさらに効率がいいですよね。

なので税務調査で問題が出て悪質だった場合、その税理士の関与先全部に
調査が入って、さらに悪質となればその者の税理士資格を剥奪するのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mik********さん

2018/2/2100:38:18

どういう意味でしょう?
申告書の作成だけ税理士にしてもらって、提出は自分自身で行いたい、ということ?

普通、作成と提出はセットですね。代理作成した以上、責任を持って代理申告まで行う。単にそういうことだと思いますけど。
だって、提出した申告書について税務署が何か聞いてきた場合、あなたは作成してないから答えられないでしょう?
税理士の名前が書いてあれば、税務署はそちらへ問い合わせます。

sol********さん

2018/2/2100:31:10

税理士は本人に代行して申告をするところまでが仕事です。
確定申告書には税理士の名前と印鑑を押して提出します。つまり、作成した書類の中身に責任を持つということです。

もし作成した書類にサインと捺印をし、申告を本人に任せたとしましょう。

その本人が申告書の内容を改ざんして提出することも可能ですよね?その場合、責任を取るのはサインをした税理士になってしまいます。

ですから、自分でサインをした申告書は必ず自分の手で申告まで行い、自分が書いた内容が改ざんされないようにしているのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる