ここから本文です

銀魂の主人公・坂田銀時の攘夷戦争時代の盟友3人(桂・高杉・坂本)の中で、桂だけ...

はれるやさん

2018/2/2516:20:25

銀魂の主人公・坂田銀時の攘夷戦争時代の盟友3人(桂・高杉・坂本)の中で、桂だけ出番が多いのはなぜですか?

閲覧数:
160
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2018/2/2517:14:14

攘夷志士だけど銀さんの日常(かぶき町)に存在していたからだと思います
真選組の日常にも存在していました(いつも追っ掛けっこ)

高杉は空知先生曰く銀さんのドロドロ(シリアス)の過去担当なので日常に存在するのは難しいです
銀魂の日常に存在する=ボケも担当する事になりますので
しかしボケたら高杉の銀魂という物語における大事な役割が果たせず存在意義が薄くなります

坂本辰馬は宇宙商人という設定なのでそんなにいつもは出せなかったのでしょう
舞台が宇宙に移る少し前から出番が増えたと思います

質問した人からのコメント

2018/3/3 07:10:14

納得です。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2018/2/2518:14:16

晋助と辰馬は宇宙にいるから、
ヅラは銀ちゃんと同じかぶき町だからね。

ソレに、晋助を出すって言ったらヅラよりも
悪党だし話が大規模になっちゃうから、
(辰馬も)だからなかなか出番少なくなるよね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる