ここから本文です

原発の過酷事故の確率は、日本国内で10年に1回ですか?

lul********さん

2018/3/211:18:30

原発の過酷事故の確率は、日本国内で10年に1回ですか?

実は、原子力推進の総元締めである、政府の原子力委員会は、10年以内にまた福島原発と同規模の過酷事故が起こる、という妥当な試算をしているのにもかかわらず、都合が悪かったのか、不採用にしているのです。

2011年10月25日、同委員会の小委員会で発表した「原子力発電所の事故リスクコストの試算」の中で出てくる、この計算では「炉年」という単位を用います。

これは、複数の原発の稼働年数を積算する方法で、1基がすでに10年稼働していると10炉年、2基目が15年稼働なら15炉年とし、それらを足して25炉年と計算します。

問題の計算は、まず対象を日本に限定します。

福島の事故で3基爆発したので、事故を3回とみなします。

日本の原発は1494炉年(廃炉を含む)ですから、3回で割ると頻度は約「500炉年に1回」となります。

50基が再稼働すると、500分の1掛ける50で、10炉年になります。

つまり、10年に一度事故は起きる、となります。

ちなみに、日本を除く世界は12,859炉年で2事故、運転中の原発は377基なので、「17年に1回」となります。

試算は他に複数あり、対象を世界に拡げて日本が地震大国であるということを計算から削ぎ落としたものや、津波による1回の事故としたものなどです。しかし、事故を3回とみなし個々の詳細な事故究明が必要です。

原子力ムラは損害賠償にも影響が大きい地震では無傷とし、「1000年に1度の津波」による連鎖事故1回としたい。

そして他の原発の再稼働にとっても、津波にこだわる理由が、この確率計算にもあるのです。

仮に、福島原発事故を1回とカウントしても30年に1回となり、人生で2回も遭遇するのです。

しかも、過酷事故の手前の事故はこのかぎりではありません。

あなたは、そんな未来を子どもたちに手渡したいですか?

< 解説 >

事故の『確率論的安全評価』(PSA)を利用する推進派

スリーマイル島の事故が起きてから、アメリカは原発事故に対して『確率論的安全評価』を導入しました。

これに対して小出 裕章氏は、

「どんなに確率が低くても破局的な事故が起きる可能性は常にある。

それを無視してよいという科学的な根拠は存在しない。

その点に悩み続けてきた原子力推進派は、破局的事故が起きる確率が極めて低いことを示そうとした。

そのために動員された手法が『確率論的安全評価』と呼ばれるもの」と切り捨てています。

この手法は、たとえば三つの小さな機器の故障が重なって、放射能が外部に漏れる事故を想定します。

ひとつの機器の故障が100回に1回起きるとすると、三つが重なるのは

1/100×1/100×1/100で、100万回に1回と計算されます。

このように無視できるほど一定基準以下であれば、その事故に対して安全性が確保されていると工学的に言い切ります。

ご存じの通り、分数と分数を掛けていくと、どんどん値は小さくなるものです。

この点、本文で紹介した原子力委員会(当時)の、起きてしまった過酷事故(炉心が著しく損傷、放射性物質の大量放出につながるような重大事故)を、確率(炉年)で議論する方が、妥当であったでしょう。

小出氏は米国原子力委員会(AEC)の報告書(1957年)の、過酷事故が起きた場合の影響試算を示しながら、

「もし原子力発電所の大事故が起きれば、被害が破局的であることを示した。

ただ、その一方で、そうした大事故の確率は、

『いん石が米国の人口密集地に落下して死者が出るのと同程度』

であり、原子力発電所で万一の大事故が起きた場合は、天災と考えればいいというのであった」と述べています。

すでにこの時に、福島原発事故を津波の天災であったかのように偽装する、今日の政府・原発推進派の手法を予言されていたのです。

http://www.kaze-to-hikari.com/2013/04/10.html


【記録】2011年3月14日11時1分

臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)

この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった

youtu.be/0S15pZvEOFk

福島の真実がここにあります。真実を知りたい方はぜひご覧ください →

脱被ばく実現ネット(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=Rh6tig2YHvc&list=PLjF4tckxD_cIC-8qJ...

【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】

映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください

無料で見られます

一億人が見たら変わります

一人でも多くつないでください

www.youtube.com/watch?v=Vhb5pCXMkxU&list=PLjF4tckxD_cLpvJ6Y-kobaOGC4MeMUgG_

https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity

Vhb5pCXMkxU&amp,www.youtube.com,小出し,原発,確率論的安全評価,スリーマイル島,メルトダウン事故

閲覧数:
100
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lrx********さん

2018/3/215:08:42

♥原子力発電所のメルトダウン事故は、スリーマイル島、チェルノブイリー、福島の3件だと思っていましたが、最年では、1959年7月26日USAロサンゼルス近郊にあったサンタスザーナ野外実験所(Santa Susana Field Laboratory)の原発がメルトダウン事故をおこし、これが第一回目として注目され始めました。
♥これはスリーマイル島事故(1979年)に関連して他の原発事故を調査していたUCLAの学生が資料を調べ事故を発見(公開)しました。この事故では、スリーマイル島を上回る放射性物質が大気中に放出され、世界最大級の事故であることがわかりました。この事故は実験中との位置づけで長い間機密扱いとなっていました。このプラント近くでは未だに高いセシウムが検出されるとのこと。
♥ここでは、原発の実験プラントとはいえ安全運転の為、多重の防御策がとられていましたが事故をおこしました。専門家のコメント(2016,07,06)は・・・
♥原子力発電を行う原子炉施設では、万一、事故が起こっても、安全を担保するため、何重もの安全策が講じられています。例えば、外部電源を喪失した場合には緊急時に発電するディーゼル電源が補助したり、冷却水が通るパイプが破裂した場合には緊急用のポンプが自動的に動き冷却水を供給したりという具合に、多層の防御体制が採られています。
♥しかし、多層防御の欠点は、どの対応策も100%の信頼性のないこと、そして、その防御層の中には、「人間の判断・行動」というもっとも不確定で信頼性に欠ける要素が含まれていることで、”原発の安全運転は永遠に無理(どこかで必ず、事故がおこる)”と結論付けました。

質問した人からのコメント

2018/3/3 00:48:58

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tam********さん

2018/3/220:21:02

あ~あ…
せっかくマトモなこと書いてるのに、核爆発の一言でぶちこわしになってますね…
残念です(´・ω・`)

iza********さん

2018/3/220:07:29

ルルさんの質問には原発反対寄りで回答するので
BLしないでほしいです・
できればizayo_sakuya_101解除してほしいです。
福島を1回と見ようと3回と見ようと10回と見ようとリスクは同じです。
仮に総額10兆円とすると「10兆1回」も「(10/3)兆3回」も「1兆10回」も同じだからです。
だけど一般公衆からすると頻度だけの説明では
頻度が少ないほうが安全で頻度が多いほうが危険と思うので
推進派は少なく見せたいのでしょう。
安全系統が2つあり同時に壊れる確率が○×▽のような単純な掛け算になるのは
独立事象と言って別々の要因で故障なりトラブルになることが前提の計算なので
地震や津波などの大きな外圧があるときは役に立たないと思います。

aki********さん

2018/3/212:07:35

> 福島の事故で3基爆発したので、事故を3回とみなします。

どういう見なし方かよくわかりませんね。

メルトダウンしたのが3基、建屋が爆発したのが3基、どちらかだけだったのが2基、そのうち1基は格納容器付近で小爆発があったかもということなので、事故は4回とみなすほうが適当に思うのですが、そう読み変えて計算し直してもよさそうな話ですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる