ここから本文です

ノモスという単語についてです。

owa********さん

2008/8/2613:36:43

ノモスという単語についてです。

ギリシア哲学において、ノモスとは「人為的なもの」を意味するものだと知りました。

ここで疑問に思ったのですが、ノモスの訳語に「言語」があるということです。
これは、言語は人為的に発展したものということを意味するのでしょうか?

このことについて書かれている本やサイトを紹介してもらいたいのですか?

補足すいませんでした。
ノモスではなく、ロゴスでした。

よく考えてみると、ディアロゴスで対話ですもんね!

閲覧数:
1,882
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nic********さん

2008/8/2614:52:00

Wikipediaに少しですが記載されています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

por********さん

編集あり2008/8/2723:46:16

もし私の間違いだったら申し訳ないのですが…

おっしゃるように、古代ギリシャ語の「ノモス」nomosは主に法律の意味で使われ、自然本性を意味する「ピュシス」physisと対比されています。
ですが、言語を意味するギリシャ語といえばロゴスlogosのことではないでしょうか?
「ヨハネによる福音書」の冒頭「始めに言葉ありき」の「言葉」の原文ギリシャ語がロゴスですね。
「ロゴス」は大変多義的な単語で、理性や説明方式といった意味もあります。
私の手持ちの小さな古代ギリシャ語字引ではノモスの項目に言語の意味は見当たりませんでした。
もし「ノモス」を言語の意味でもちいているという箇所の出典などありましたら、追記していただけると助かります。

【追記】
どうやら「ロゴス」のことだったようですね。了解です。

蛇足かもしれませんが、質問者様の問題意識と関連して少しコメントを。
「言語」の指す対象を広くとるなら、プログラミング言語や論理学の体系などの人工言語は文字通り人為的に作られ、展開しているものといえます。
対して日本語や英語といった自然言語の発生や変化などはとても謎めいており、言語学者や哲学者たちの関心の的になってきました。
特に、哲学史上で有名なのは17-18世紀頃「言語の起源とは何か?」ということが問題となり、ルソーやヘルダー(『といった名立たる哲学者たちがこの問題を論じています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる