ここから本文です

個人再生の認可決定について

アバター

ID非公開さん

2018/3/321:51:37

個人再生の認可決定について

2018年2月2日付で再生計画案を各債権者に送り,意見を聴取すると弁護士さんから聞きました。意見の聴取期間は2018年3月2日までとの事なのですが、このまま問題なければ何日に決定が出ますか(ちなみに土日を挟んだ場合は)?それは裁判所から弁護士さんに連絡が行くのでしょうか?通常、決定が出れば弁護士さんから私に連絡はあるものでしょうか?
あと決定が出れば積立は辞めても良いでしょうか(大阪です)?かなり多めに積みたっている場合、引き出す事も可能でしょうか?
質問だらけですみません。詳しい方、宜しくお願いします。(弁護士に聞けば良いとの回答は止めて下さい。)

閲覧数:
79
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

2018/3/516:15:10

裁判所により異なるのですが、大阪地裁の場合は、書面による決議の回答期間又は意見聴取期間満了から数日で再生計画案の認可(又は不認可)が決定されるようです。
大阪市に事務所がある次の法律事務所のサイトのQ24とA24をご参照下さい。
http://www.yglpc.com/contents/qa/topics/18_kojinsaisei/18_kojinsais...

裁判所が、再生計画案の認可(又は不認可)を決定すると、文書にて申立代理人の弁護士に通知します。
普通は、その弁護士から本人へ決定された旨を連絡します。

決定が出れば履行テストとしての積立は終えても構いませんが、決定が確定した月の翌月から実際の弁済が始まります(=最短では決定月の翌月に確定しますので、決定月の翌々月から弁済開始となる)。
積立額と弁済額はほぼ同額だと思います。気を抜かないように。

大阪地裁とのことですので、これまでの積立は恐らく自分で管理し、毎月通帳コピーを添えて報告していたと思います。
今後、積立状況をチェックされることはありませんので引き出し可能ですが、もし、これまでの積立がキツくて生活を圧迫していて、その補填などのために引き出すのであれば、よく考えてから引き出されることをお勧めします。
今後3年は続くのですから、その間に病気や事故で収入が途絶えるなど、何らかの非常事態が起きたとき、備えがなければ弁済できず、アウトになってしまう危険があります。
この数ヶ月がキツかったのであれば、こういう非常事態の際はもっとキツくなります。
このリスクに備えるため、最低でも返済額の3ヶ月分以上は手元に残しておくことが望ましいと思います。余計なおせっかいですが、アドバイスします。

アバター

質問した人からのコメント

2018/3/5 16:20:42

おせっかいだとは全く思いません。気を抜かずにやってまいります。詳しい回答有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

pot********さん

2018/3/405:18:00

>意見の聴取期間は2018年3月2日までとの事なのですが、このまま問題なければ何日に決定が出ますか(ちなみに土日を挟んだ場合は)?

4月上旬に決定が出ると思います。

>それは裁判所から弁護士さんに連絡が行くのでしょうか?

はい。

>通常、決定が出れば弁護士さんから私に連絡はあるものでしょうか?

はい。

>あと決定が出れば積立は辞めても良いでしょうか(大阪です)?

え~、まだ積み立てしているのですか?

積立先は再生委員ですか?

各地で違うので、個人再生を依頼した弁護士に確認してください。

>かなり多めに積みたっている場合、引き出す事も可能でしょうか?

再生委員に積み立てしていた場合は、再生委員の報酬以外の部分は、返金してくれます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる