ここから本文です

有料職業紹介の求人企業開拓方法について 上記の許可を取得しました。学校など...

アバター

ID非公開さん

2018/3/416:50:15

有料職業紹介の求人企業開拓方法について

上記の許可を取得しました。学校などをまわり、求職者は確保の目処がついてきました。

そこで、有料職業紹介会社を利用して求人を行う会社を開拓していく効率的な方法を教えてください。

また、いきなり企業の採用担当課に電話して断り続けられたり、就職フェアのようなところで、来場している担当者に話を聞きにいって失礼になってはいけないので、この業界で知識ある方にアドバイスいただければと思いました。よい方法があればお教えください。

個人的には、正社員だと年収の20~30%程度を紹介料として支払う企業は、ある程度の規模の企業に限られると思ったので、求職者の希望職種がある企業に一軒ずつ電話するしかないのかなと考えています。なお、弊社には理系エンジニアや語学に堪能な人材が求職者として登録してくださっています。

どうぞよろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
159
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鈴木圭史さんの画像

専門家

鈴木圭史さん

2018/3/721:18:56

社会保険労務士の鈴木です。

ご指摘のように普通にターゲットを絞ってアポイントの電話をするのがスタンダードなやり方でしょう。
その他は商工会議所等の経済団体や加入者の多いボランティア団体に加入して日々の交流会に参加をすることです。
私の経験則上ですが、経済団体は知名度があり、年会費を要するものに入ることがいいでしょう。
年会費が高ければ高いほどそれをクリアした人たちが集うので人脈の質(全体のレベルみたいなもの)が向上します。

同業者との交流も重要な要素です。業務提携契約を結んで紹介をしあうことも有効な手段です。
人材難の昨今、人の確保に目途がついているというのは大きな強みです。
人材サービスを生業にしているお客様が当事務所は多いので参考まで。
事業の発展を祈念していますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

鈴木圭史さんの画像

鈴木圭史

社会保険労務士

労務リスクの改善のプロ

関西弁で丁寧に対応する社会保険労務士です。 労働相談/過労等の疾病・過労死の労災申請・障害年金申請代理 派遣元責任者講習講師/労働局・労働基準監督署等の監査立会業務 派遣業・職業紹介業の許可申請業務 当事務所では社会保険労務士資格取得希望者を募集...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる