ここから本文です

100%グループ内の法人間の資産の譲渡取引で、譲渡損益調整資産の場合、譲渡損益調...

c40********さん

2018/3/1521:00:03

100%グループ内の法人間の資産の譲渡取引で、譲渡損益調整資産の場合、譲渡損益調整勘定で課税の繰り延べをしますが、そもそもボカで譲渡すればそんなことをする必要はないと思ってしまうのですが、

なぜこのような処理をするのでしょうか。

閲覧数:
41
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tri********さん

2018/3/1609:11:45

個別財務諸表の会計上の考え方と税務上のグループ法人税制上の考え方が異なるので、法人税の申告書作成上は、個別財務諸表の会計から導いた確定数字をもとに作成しますので、このことを考慮すると、税務上の申告調整として、課税所得計算上、「譲渡損益調整資産譲渡益の減算調整額」などといった項目を設定して調整する必要があるわけです。ボカで譲渡すれば、税務上の課税所得計算上、調整するべき申告調整はなくなりますが、そもそも課税所得計算は、個別財務諸表上の確定決算に数字をもとに計算するので、この確定決算の数字に問題が生じるわけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる