ここから本文です

山形新幹線と秋田新幹線がフルで開業していたら奥羽本線福島~新庄と大曲~秋田と...

uto********さん

2018/3/1501:32:47

山形新幹線と秋田新幹線がフルで開業していたら奥羽本線福島~新庄と大曲~秋田と田沢湖線が第三セクターになり奥羽本線は新庄~大曲と秋田~青森になり田沢湖線の岩手県区間はいわて銀河鉄道に

なって盛岡~目時より先に開業するのでしなの鉄道みたいに盛岡~目時の路線名募集になりましたか?また田沢湖だった区間は架線が撤去されて非電化になりましたか?

閲覧数:
105
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ぐたぐたさん

2018/3/1506:14:34

田沢湖線はそのままですよ。

特急「たざわ」ができたのも「東北新幹線の乗り換え」と「秋田からの所要時間の短縮」が目的ですから。
ただ、たざわもつばさも廃止していたかもしれません。
それに「院内~新庄間」が今の時代に開通だったら「廃止」されたかもしれません。
貨物の多くは「日本海側」を通りますから。

いまでも「羽越新幹線」(富山~秋田)がたま~~~に出てくるくらいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/3/1506:05:08

たら・ればはあまり意味がありませんが、山形・秋田新幹線が両方フル規格で建設されることはなかったと考えます。

先に着工された山形新幹線がもし万が一フル規格ならば、奥羽新幹線としてそのまま新庄・大曲と延伸し、秋田までの全線開業に全力を傾注したはずです。

田沢湖線改軌に手は回りません。そのまま在来線として残ったでしょう。
廃止・第三セクター化の可能性もなかったとは言えませんが、東北新幹線盛岡開業当時から特急「たざわ」を運行していた国鉄は民営化を念頭に田沢湖をリゾート化する目論見がありました。

それも山形・秋田をそれぞれ別にミニ新幹線で整備した理由にもなっています。

「もし~れば・たら」のフル規格整備は考えてもあまり意味がありません。

mat********さん

2018/3/1504:17:33

当然、在来線は、第三セクターに移行されていたでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる