ここから本文です

「(存在の)意味が現実には存在しないのは事実ですし・・」 という回答者の言...

プロフィール画像

カテゴリマスター

bai********さん

2018/3/1822:59:16

「(存在の)意味が現実には存在しないのは事実ですし・・」

という回答者の言い分に対し、以下のように返すことについて、どう思われますか。

『「意味が現実には存在しないと多くの人々から認識されているのは事実ですし・・・」というのであれば、私も納得いたします。
私は、正確な言い方としては、意味なるものがあるのかないのか、そのことを、人は明確には解ってはいないということではないかと思いますが』

閲覧数:
93
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sab********さん

2018/3/1916:46:44

存在に意味があるのかないのかという事を突き詰めれば、我々の感覚と思考に意味があるのかないのかと云う問題に行き着きます。これは、矛盾点に達する可能性を持ちます。つまり、我々の思惟に意味がないとも、あるとも決定するのが、我々の思惟であるならば、我々の思惟に意味がないと決定したその当の思惟そのものの意味がまず反省されなければならないからです。つまり、意味がないのだと考えたその思惟そのものに意味が無いはずなのです。ですから、人間は自己の思惟の価値や意味を否定することそのものはできないのが本当で、もし矛盾のない価値判断をするなら、「意味はありますよ。」という価値判断をする時にのみ、自己の価値判断に対する肯定がありますから、その時は一応判断の行為そのものには矛盾は生じないという形式を踏むことができます。
ですから、意味があるのかないのかは、意味があるという判断以外は矛盾に達すると云う事ならば、判断の形式としては、自由度を欠いているのであるから、これを分からないとするか、もしくは、その答え以外にないのなら、それが答えだとするか、その選択しかないのであり、これは個人的判断である以外に、公式な、人類共通の判断という事は言えないのであります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/3/23 07:57:22

あなたのご回答はいつも複数回読むので、頭が鍛えられます。


ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

non********さん

2018/3/1906:41:58

どうもこうも
返信内容の質問なんぞで投稿が許されるのなら
あなたのカテ違い投稿への非難返信をジャンジャンするよ
あなたの投稿のほとんどは無意味な質問のための質問ではないか

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fuj********さん

2018/3/1900:31:07

ハイデガーは「存在と時間」という著作で、「存在の意味を時間の地平に探究する」と言っているように、存在の意味を解明するのは、ひじょうに難しいことは確かです。
ハイデガーは「存在と時間」の冒頭で、なぜ難しいかその理由をあげています。

①存在という概念は、定義できない。
ある概念を規定するとは、それよりも大きい概念に「包摂」することだが、ところが存在には、それ以上の大きな概念がないから、存在を規定することができない。

②存在は自明の概念である。
「ある」とか「いる」という概念・言葉は私たちは日常的に使っている。だから存在が何であるか、よく知っているはずである。でも、存在とは何か?と聞かれたら答えることはできない。つまりあまりにも自明な概念はそれが何であるか、答えることはできない。

④存在という概念は、もっとも普遍的な概念と言われる。
存在は中世存在論でいえば、普遍者であり、超越者の一つである。でも、存在の普遍性は「類」の普遍性ではない。アリストテレスは存在を「類比の統一性」と言っていた。とはいえ、アリストテレスも、中世のトマスもドン・スコトゥスもその原理的な解明に至ることは出来なかった。

あなたは「(存在の)意味が現実には存在しないのは事実ですし・・・・・」と言った人の言葉を引用していますが、存在の意味が難しいのは事実ですが、「(存在の)意味が現実には存在しないのは事実ですし・・・・・」とは言えません。

それに対し、あなたは「(存在の)意味が現実には存在しないと多くの人々から認識されているのは事実ですし・・・・・と言うのであれば、私も納得いたします」と言っていますが、どうして「(存在の)意味が存在しないと多くの人々から認識されている」んですか?
というのも、存在という言葉、「ある」とか「いる」という言葉は私たちは日常的に良く使っているし、みんな存在をよく知っているはずです。
だから(存在の)意味は多くの人々から、認識されているはずです。
あなただって「ある」「いる」という言葉をよく使っているのではありませんか?
あなたは意味も分からず、「ある」とか「いる」という言葉を使っているんですか?ww
そして「私は、正確な言い方としては、(存在の)意味があるのか、ないのか、そのことを、人は明確には解っていない、ということではないかと思っていますが」と、変なことを仰っています。

存在の意味を「了解」「理解」しているのではないですか?
(存在の意味を)「了解」「理解」していなかったら、「ある」とか「いる」という言葉を使えないのではありませんか?

……………………………………………………………………………………

話は別ですが、ハイデガーは「存在するもの・存在者」と「存在」を分けています。
「存在するもの」は私たちが見たり、聞いたり、触れたりしている物体のこと。
それに対して「存在」とは、「存在するもの」を「存在するもの」たらしめている「根拠」とか「根源」です。
古代ギリシャのイオニア派自然哲学では、その根拠・根源を「自然」と言っていました。
つまり「存在するもの」の根拠・根源は自然だということ。
自然によって「存在するもの」が、「存在するもの」たらしめている、ということ。
ハイデガーは「存在の意味を時間の地平に探究する」、と言っていましたが、それが「自然」だったわけです。
ちょうど日本人の世界観とよく似ています。
自然から生まれ、自然に帰って行く、自然は私たち日本人の故郷!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

twe********さん

2018/3/1823:20:55

手遅れだとは思うけど哲学を勉強しなさい。

kit********さん

2018/3/1823:16:54

言い回しの正しさの確認であれば哲学など無関係だ
君が大陸で身につけた似非日本語の中身の検証をしたいのであれば夜間中学にでも通えばいい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる