ここから本文です

天文学の練習問題からの質問です。 以下の問題を解説して頂きたいです....。 ...

mot********さん

2018/3/2716:00:03

天文学の練習問題からの質問です。
以下の問題を解説して頂きたいです....。

300億〜程の星々からなる天の川銀河とアンドロメダ銀河が衝突する時について考えます。

Q、このふたつの銀河を形成する星々の質量をだいたい一般的な〜0.5太陽質量 と考えます。
この時の近接遭遇半径(strong close encounter radius)を求めて下さい。


....と、公式として
N*pi*Vt=1
をつかえばいいのでしょうか、全然自信がないのです、、、

どなたか解答お願いいたします。

閲覧数:
114
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m_y********さん

2018/4/212:44:41

①あんこ億物質(暗黒物質=黒色矮星やブラックマター等)の質量が

等閑視されており『見えないものを無いものとして無視したまま

放って置いているという状態です』とにかく天文学者の言辞は

言葉.説明が整合していないことを(なおざり)にしていること
が多々あります

②多くの天文学者自体、暗黒物質の質量がどうも目に見える望遠鏡

で捉え得る物質の質量の総和より大きいと把握認識しているよう

なのですが、それを無視していい加減に扱います

③現実にはこの種の話題に映る光は何億年も前の光が今地球に届い
たに過ぎない。現地にいまその物質があるという保証≒0%です

④∴このような設問を掲げる事自体疑問です。正しい認識力が

及んでいないという根本を率直に認める必要があります

⑤僅か地球~近接数兆光年内褐色矮星発見されたりしています

衛星の定義も確定していません。太陽系の密度も太陽だけで
考えて良いのでしょうか?どこまでを容積とするかで密度は
全然違った数値になります。2008年だったか.ベテルギウス
の距離が大幅に変更となりました

⑥まだまだ初学者の私でさえ、宇宙論は各種の素人の疑問に対して
お座なりだと言えます。各種分かっておくべき事柄を確認する術
がないのです、挙句の果て見た目の権威を保つ見栄のために嘘を
吐き捲ります

⑦前提が確定していないのにこの種の設問?度素人の疑問と不変!
却って∞の∞乗.一桁∞の∞進法DNA言語、未知数学に基づく
宇宙認識の直観の方が的を射ている可能性があります

⑧惑星の軌道計算等紀元前の業績です。蝶は孵化時両親も無く学校

にも行かぬのに南洋~北洋の島へ旅立ちます。脳が宇宙を作った

のではなく、(宇宙創造主)が宇宙の一部脳細胞をも全身細胞をも

皮膚.神経.骨・腸.腎臓全細胞とDNA遺伝子をも形作っています

人間に訊いても仕方がありません。『創造主に訊くべきです』

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる