ここから本文です

JR川越線日進駅ですが、昭和15年に川越線開通に伴って開設されたようです。

tk9********さん

2018/3/2109:29:30

JR川越線日進駅ですが、昭和15年に川越線開通に伴って開設されたようです。

川越線は南古谷の陸軍弾薬工場、日高市の陸軍高萩飛行場と旧大宮吉野町に在った中島飛行機を結びつける省鉄だったと考えられ、日進駅は中島飛行機に近いので開設されたのではないかと推測されます。これの関係についてご存知の方がおりましたらご教示ください。
よろしくお願いします。小林 達

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
59
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fea********さん

2018/3/2111:09:54

埼玉県民としては、最初の廃藩置県では、
川越は、入間県、大宮浦和は、埼玉県、熊谷は、群馬県となっていて、別々になっていました。数回の廃藩置県繰り返し、現在に至りますが、熊谷と県庁所在地浦和は、中仙道沿いかつ、高崎線で繋がっているのですが、
県庁のある東部と、県西部をつなぐ、鉄道がなかったためだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる