ここから本文です

先日、知恵袋で下記のお答えをいただきました。 出典等ご存知の方教えてくださ...

mn1********さん

2018/3/2818:00:03

先日、知恵袋で下記のお答えをいただきました。

出典等ご存知の方教えてください。

水不波則自定
鑑不翳則自明
故心無可清
去其混之者
而清自現
楽不必尋
去其苦之者
而楽自在

水は波たたざれば則ち自から定まり
鑑は翳らざればおのずから明らかなり
故に心は清くすべき無し
其の之を混らす者を去かば
清自ずから現わる
楽しみは必ずしも尋ねず
其の之を苦しむる者を去かば
楽しみ自ずから在す。

水は波さえ立たなければ自然と静まるものであり
鏡は塵がかかって曇らなければいつも自然に明らかである
人の心もこれと同じで本来清浄潔白で何の曇りもない
明らかなもので別にこれを清潔にする必要はないのである
心を曇らすものを取り除けば本来の清らかさが自然と現れる
楽しみもまた同様でこれを外に求める必要はない
心を苦しめるものを取り省けば
本来の楽しみはそこに存在するのである

閲覧数:
29
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/4/409:03:32

菜根譚(さいこんたん)という中国の古典です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「鏡 鑑」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる