ここから本文です

世界史 フランス革命について

アバター

ID非公開さん

2018/3/2315:54:46

世界史 フランス革命について

選択問題で理解できないところがあったのですが、

(問)国民公会の時期に行われた出来事として正しいものはどれか。

(1) 領主裁判権や教会への十分の一税が無償で廃止さ
れた。
(2)徴兵制が実施され、革命暦が制定された。
(3)イギリスとの通商を禁止する大陸封鎖令が出され
た。
(4)人間の自由・平等などを唱えた人権宣言が出され
た。

正解は(2)なのですが、なぜ(1)は間違いなのでしょうか。

ロベスピエールは無償で封建的特権を廃止したのではないのですか。

閲覧数:
39
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gin********さん

2018/3/2316:19:19

(1)の封建的特権の廃止に伴う十分の一税廃止はフランス革命初期の国民議会の時の出来事である。よってバツ。

ロベスピエールが行ったのは封建地代の無償廃止。
また、エベールらが前後して行ったキリスト教信仰に代わる理性の崇拝である。

国民議会は封建的特権の廃止により、反対派の貴族の土地や教会財産を国有化した。しかし財源不足に陥った革命政府は国有化した土地財産を有償で売却することにした。
しかし、有償といっても当時一般庶民には手も足もでず、お金持ち達しか土地購入が出来なかった。ロベスピエールはこの有償を無償にした。(封建地代の無償化)
こうして土地を与えられた庶民を支持基盤としてジャコバン派、ひいてはロベスピエール独裁へと進んでいった。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/3/2316:24:44

    国民議会の封建的特権の廃止は有償で、ロベスピエールが行ったのは無償で廃止したと習いました。
    そのため、(1)の「無償」はロベスピエールが行ったことと当てはまるんじゃないんですか??

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる