ここから本文です

『旧優生保護法』はそんなに悪法ですかね?

chi********さん

2018/3/2708:53:59

『旧優生保護法』はそんなに悪法ですかね?

『本人の意思に反した非人道的な行為』というのは綺麗事ですよ。
これがもし、自分の親だと考えたら恐ろしくて非難出来ないでしょう。

こないだ『脳性マヒの女が周囲の反対を押し切って出産、生まれた男の子は幼少の頃から現在に居たるまで脳性マヒの母親の面倒を見てる』というテレビニュースを見ました。

俺がそんな境遇なら自分の不幸を呪いますね。
子供の頃から親の世話、自分の好きな事も出来ず、死ぬまで実家に縛られ、結婚も出来ない。
脳性マヒの母親の面倒を見てる男に嫁さんが来ると思いますか?
普通、来ないだろ。
俺なら『自分の人生は一体何なんだ?』と思うだろうな。


批判覚悟で聞きますよ
『旧優生保護法』はそんなに悪法ですかね?

<旧優生保護法>法が差別生んだか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000126-mai-soci

閲覧数:
6,537
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ipp********さん

2018/3/2709:22:03

当時は正しいとされてきて今までそんなに糾弾されていないわけだから、一定の理解があるのではないだろうか。
現在出生率や出生数が減っているのに健常者ではない出生が増えているわけ。親がその子の面倒をみれるならいいけど見えれなかったり、親が先に死んでしまったりそれでまた産んだりね。
あとはある程度動けて理解している子供を24時間一緒に保護者がいれないわけだから、本能に任せて性交していたらそりゃ妊娠したりもする。(たぶん妊娠しづらいとは思うけど)
同意も同意でもないものでも加害も被害も、報告ができないわけですよ。
いまこの件が流行っていて最近では3番目かの訴えでは異常者ではないのにこの法律の名のもとに手術されたという人がいます。これはミスなので別の法律でもミスにより慰謝料の訴えはあるだろうな。

今の時代にはあっていない法律だという事ではないでしょうか。
妊娠したら最後は社会で面倒をみましょうということじゃないかな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「旧優生保護法」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

him********さん

2018/3/3101:31:47

悪法というより医者次第で「過大解釈が出来る」というのが正しいかと

条文では「優生上、不良遺伝性の子孫の出生を防止する」のが目的としてます
脳性マヒが重度なら不妊手術の対象になったかと思います
母体に影響があったり、産んでも子供が育てられない状況なら特に

一方で知的障害や精神疾患は遺伝性じゃなくても、強制不妊手術の対象になると条文にあります
もしもchi********さんのご両親が「遺伝性の障害・疾患」と診断され、医者に公益上手術が必要と判断されて申請した各都道府県の審査会で認められた場合、chi********さんに身体・知的の障害がなくても、強制不妊手術の対象になった可能性があります

そういう過大解釈がされる法律でした

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる