ここから本文です

人権?民事裁判において、「その賠償額に対しては、返済能力がない人」に対しては...

sla********さん

2018/4/500:53:18

人権?民事裁判において、「その賠償額に対しては、返済能力がない人」に対しては、


必ずしもの強制力がなく、
「働く賃金も、奪えばいいという意見に」対し、



「人権があるから、

一食二食抜けとかは言えないかもね」


という意見を見たのですが、
(ある事件を扱う番組のYouTubeコメント欄です)


であれば、「最悪、どのくらいまでは追い込めるの」ですか?


資産はすべて失くさせて、
その上で、住んで、三食食べれていたなら、
それ以外は、徴収可能であるのか?


「その、人権という観点から、
上記の内容に詳しく」回答ください。


お願いします。

閲覧数:
63
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2018/4/508:05:38

債権者が債務者から債権回収をする場合ですが、債務者の正確な
返済能力や資産を有するのかがわからないのが事実なんです。

「その賠償額に対しては、返済能力がない人」と誰が債務者に返
済をする能力が無いのか?、と決めるのでしょうか!

人間なんて金銭的に困窮をして生活が苦しいと周辺に公言をして
いましても、自宅の金庫には現金が有る場合が多いんです。
高級住宅(借家)に居住をして高級車(ローンやレンタル)を乗
り回して豪遊をしている人間が多重債務者の場合も多いでしょう。

「最悪、どのくらいまでは追い込めるの」ですか?、ですが・・
債権者は債務者の債務金額を裁判所を通じて執行をするだけです
ので、『債権金額が全額回収できるまで請求をして執行をする』
です。

「その、人権という観点」ですが、借金を払う?払わない?での
については債務者本人の問題で、請求をされる事に対して債務者
の人権については債権者は関係の無い事でしょう。


追記:私は債権回収(裁判所判決)で、2人に夜逃げをされてい
ます。・・・住所不定で逃げていましたが現在は住所登録をして
所在を確認しています。
1人は請求をしていますが、支払いを拒否をして強制執行で「何
を差し押さえるのか?」を考えています。

質問者さんは、ネットでの他人の書き込みやコメントを見ての質
問だと思いますが、現実の債権の回収は「他人の思いつきのネッ
トでの会話」とは異なるでしょう!

債権者が債務者から債権回収をする場合ですが、債務者の正確な...

  • 質問者

    sla********さん

    2018/4/818:24:33

    有するのかがわからないから、決めつけられない。


    困窮していても、金庫があるのは
    どうせそうだろうな、と思います…。
    そこから、どうするか。


    細々と各質問にお答え頂き、
    ご意見、ありがとうございます!


    回収できるまで続ける、
    会話と実情は違う、
    なるほど?


    二人を、住所登録から、所在確認。
    これは因みに、何で債権を得たのですか??

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/4/11 03:02:47

質問に対して、的確に頂いたのでBAです。


muさんも、悩みました。
実例、大変参考になりました…!



皆さん、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mei********さん

2018/4/506:19:57

どのくらいまで追い込めるかということについては民事執行法参照。

例えば
(差押禁止動産)
第百三十一条 次に掲げる動産は、差し押さえてはならない。
一 債務者等の生活に欠くことができない衣服、寝具、家具、台所用具、畳及び建具
二 債務者等の一月間の生活に必要な食料及び燃料
三 標準的な世帯の二月間の必要生計費を勘案して政令で定める額の金銭
四 主として自己の労力により農業を営む者の農業に欠くことができない器具、肥料、労役の用に供する家畜及びその飼料並びに次の収穫まで農業を続行するために欠くことができない種子その他これに類する農産物
五 主として自己の労力により漁業を営む者の水産物の採捕又は養殖に欠くことができない漁網その他の漁具、えさ及び稚魚その他これに類する水産物
六 技術者、職人、労務者その他の主として自己の知的又は肉体的な労働により職業又は営業に従事する者(前二号に規定する者を除く。)のその業務に欠くことができない器具その他の物(商品を除く。)
七 実印その他の印で職業又は生活に欠くことができないもの
八 仏像、位牌その他礼拝又は祭祀に直接供するため欠くことができない物
九 債務者に必要な系譜、日記、商業帳簿及びこれらに類する書類
十 債務者又はその親族が受けた勲章その他の名誉を表章する物
十一 債務者等の学校その他の教育施設における学習に必要な書類及び器具
十二 発明又は著作に係る物で、まだ公表していないもの
十三 債務者等に必要な義手、義足その他の身体の補足に供する物
十四 建物その他の工作物について、災害の防止又は保安のため法令の規定により設備しなければならない消防用の機械又は器具、避難器具その他の備品

(差押禁止債権)
第百五十二条 次に掲げる債権については、その支払期に受けるべき給付の四分の三に相当する部分(その額が標準的な世帯の必要生計費を勘案して政令で定める額を超えるときは、政令で定める額に相当する部分)は、差し押さえてはならない。
一 債務者が国及び地方公共団体以外の者から生計を維持するために支給を受ける継続的給付に係る債権
二 給料、賃金、俸給、退職年金及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る債権
2 退職手当及びその性質を有する給与に係る債権については、その給付の四分の三に相当する部分は、差し押さえてはならない。
3 債権者が前条第一項各号に掲げる義務に係る金銭債権(金銭の支払を目的とする債権をいう。以下同じ。)を請求する場合における前二項の規定の適用については、前二項中「四分の三」とあるのは、「二分の一」とする。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mur********さん

2018/4/506:11:26

損害賠償請求で300万円の支払い命令が出ました。爆サイに誹謗中傷を書かれたので、内容からその相手を叩いたら逆に訴えられました。無視しようと思いましたが、新築の自宅を競売にかけられそうになり、泣く泣く全額支払いました。名誉毀損でも訴えられて罰金50万円も支払いました。これで前科1犯です。私はかなり追い込まれましたが、すみません解答違いですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yji********さん

2018/4/506:10:36

以前から、その人が贅沢せずに暮らせる程度に給料から差し引くと言う事と思っていました。それ以上それ以下でもないと思っています。多分裁判所などと認定するのだと思っています。普通の生活が成り立たなかったら働かなくなるでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる