ここから本文です

原子力発電所の爆発事故が起きた時、放射性物質が地球の自転の関係(偏西風)で、...

アバター

ID非公開さん

2018/4/1009:35:25

原子力発電所の爆発事故が起きた時、放射性物質が地球の自転の関係(偏西風)で、東に流れ、東京まで届くのはどの原子力発電所のときでしょうか?

福島第一原子力発電所の原発事故のときは偏西風に運ばれて、ほとんどが太平洋に落下したそうです。でも、原発の位置によっては偏西風で東京に運ばれることは半径30キロ圏内とか関係ないと思います。指針が間違っている。
放射性物質を吸い込んだ場合、肺内部が内部被爆になり、DNAの螺旋が破壊されるそうです。想像を絶する苦痛でしょうね。何十万、何百万人の日本人が死亡します。それでも、まだ、既得権益をもった利権に群がる原子力村の人たちは原発再稼動をやめないのでしょうか?

閲覧数:
49
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/4/1011:36:38

ID非公開はアホが多い。

一度長期契約で動いたものは
簡単には止められないでしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cha********さん

2018/4/1200:25:00

はい。
やめませんが、それが何か?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる