ID非公開

2018/4/11 10:15

33回答

20代前半 女性 ガン保険を加入検討してます。 2,000円以下で探していて チューリッヒ生命 終身がん治療保険プレミアムにしようと思ってます。

20代前半 女性 ガン保険を加入検討してます。 2,000円以下で探していて チューリッヒ生命 終身がん治療保険プレミアムにしようと思ってます。 基準給付月額 10万 ガン診断特約 50万 ガン通院特約 5,000円 払込免除特約 このプランだと2,000円いきません。 医療保険にも加入しようと思っていて、別に検討してますが 先進医療はそちらにつけようかな?と思ってます。 まだ医療保険の会社は、これから探そうと思ってます。 悩みどこが がん入院特約をつけるべきか? 5000円 ガン診断特約を100万にするべきか? 悩んでます。 アドバイスお願いします。

生命保険554閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

入院特約は350円ほどでしょうか。 60歳で保険料16万(32日入院)、80歳で25万(50日)。がんの平均入院日数は20日ですから、勝算は薄いです。 チューリッヒの診断特約は10万辺り150円強。医療保険のがん特約なら130円ほどなので、そちらでつける方が割安です。給付条件にも優位性はないので、今つけている50万も再考の余地があります 主契約と通院特約はずば抜けているので、それだけにする方が効率は良いと思います。月の保険料をあげたいなら、払込免除を外して60歳払い等にすればよいです。 ガン保険で払込免除は、ちょっと微妙です。「若い内にがんになる」「一度目のがんで死なない」「長生きする」「もう一度がんになる」が大前提になりますので。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2018/4/11 11:13

ありがとうございます。 参考に年齢は22歳です 詳しい金額だと質問したプランで1505円 ガン入院特約5000円つけて 1835円 +330円 払込免除はずして ▲125円 主契約と通院特約はずば抜けているので・・・のプランだと  660円(終身)    ↓  60歳払込満了だと980円でした ただ1500円以上の契約にならないといけないみたいです。 ネットで保険について調べると 医療保険とガン保険は別々にしたほうがいいとあったので チューリッヒでガン保険 他の会社で医療保険と思ってました。 追加で質問ですが 医療保険に特約でガン保険つけないほうがいいということでしょうか? シュミレーション項目いろいろありますが、 高い金額払えば保障がよくなるのは分かりますが、 なるべく安くていいプランがあればなと思っています。 チューリッヒでも医療保険おすすめでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろ調べていただきありがとうございました。 参考に決めたいと思います。

お礼日時:2018/4/15 15:54

その他の回答(2件)

1

わたしなら ガン診断特約を100万円にする 通院特約はつけない 払込免除もつけない 終身払い これで月額2050円かと思います 年払いにすれば23710円で月にならすと2000円以下になります 安くしたいなら ガン診断特約を50万円にして年払いで15160円です 通院はあくまで入院後ですし、 これが大きな負担になるとは考えにくいと思っています 現在なら、入院後の通院は抗がん剤の投与か放射線治療でしょうから これは主契約で保障しているわけで 高額療養費制度の範囲内ならあえて追加する必要がないかと思います 入院は 他に医療保険があればそれで賄うことを考えます プラスしなくても良いでしょう 診断一時金を充実させるのが良いかと思います 将来の医療費の自己負担割合の増加、医療費の上昇にも対応できますし 一時金は何にでも使えますから、未承認の薬でもOKです 収入減少にも対応します また、医療費控除で自己負担から相殺しなくて良いという点もメリットです 医療保険でガン以外の一時金を考えるなら、ガンも含むことが多いので チューリッヒで50万円、医療保険の三大疾病一時金で50万円 とかでも良いでしょう 払込免除はあっても良いですが 保険料がそう高くないので、 負担にはならないと思いますから、無くても良いと思います

1人がナイス!しています

0

質問者さんが言ってる話じゃないですが。 保険はギャンブルじゃないので、勝ち負けで判断はどうかと思いますよ。 自動車保険や火災保険や年金もギャンブルですか? 全部保険ですよね。 女性は婦人科のガン罹患がありますからね。 30、40歳代から一気に上がってきます。 一時金で、ウイッグ買ったり、乳房再建したり。 自費が多いのも特徴。 差額ベット代も。6人部屋で大丈夫ですか? 今はガンで死なない時代で、更に検診効果も上がるでしょう。 仕事をダウンさせて、治療する時代です。 収入⤵︎支出⤴︎ お子さんが就学時期に罹患したら?大丈夫でしょうか? 保険料ありき、医療費ありきの発想だけで大丈夫かな? と思います。 お若いからまだ安いのです。 もし、将来高い保障が必要なくなれば、保障を下げれば更に安くなります。 これが見直しです。 払込免除は必ず付けて、終身払いにして下さい。 医療が大々的に変わった場合やインフレになった場合、払い済みは痛手にしかなりますん。 頼りない保障を持ち続ける事は苦痛になるでしょう。 最新のタイプにも対応しやすく加入する事も大事。 保険は目的が一番大事です。 病気にならなかった時、 なってしまった時をイメージして見える化して対策して下さい。 保険料は最後の最後に決めましょう。 まあ色々な考えがありますからね。沢山の情報からベストなものを勝ち取って下さい。 今だけをイメージしないで、将来の自分に投資すると思っても良いと思いますけど。 メットライフのガードXも優秀な治療保険です。 チューリッヒは手術が特約となり弱かったりします。 標準治療では他の治療より手術が一番多くなっています。 あと、最上位のガン進行においては、緩和ケアもガードXは一時金給付の対象です。 平均治療費は年80〜100万である事を誤認識下さい。 少しでもお役に立てれば幸いです。