ここから本文です

シリアでのアサド政権による化学兵器使用がもしも本当なら、 アサド政権はなんの得...

ori********さん

2018/4/1800:39:18

シリアでのアサド政権による化学兵器使用がもしも本当なら、 アサド政権はなんの得があって化学兵器を使用したのでしょうか?

普通に化学兵器なんか使ったら西側諸国から非難されて攻撃の対象にされるだけですよね?

閲覧数:
58
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

vic********さん

2018/4/1800:54:01

一気に反政府側を倒してしまい、政権安泰に持ち込みたかったのか、それともアサド政権側で命令無視があったのでは?と考えています。

過去に化学兵器サリンガスを再三使用、第三者機関から指摘が入り、ロシアが廃棄させたという経緯がありましたが、昨年も使用があったことから、トランプ大統領が空爆命令を出していましたが。

そして、今回の化学兵器は塩素ガスと言われています。
塩素の樽爆弾を落下させ、地下やシェルターに隠れている反政府を倒してしまう手段に出たようです。

なぜ化学兵器を使うか?
それは爆弾を使えば、当然のことながら街が破壊されてしまい、街を修復、復興させる必要ができてしまうから。

化学兵器で反抗する人間だけを確実に殺害、建物は残せるという、悪魔の考え方。
塩素ガスの場合は、あとで大量の水をまくだけで毒は中和されてしまいカンタンです、後の処理が。

  • 質問者

    ori********さん

    2018/4/1800:59:30

    ということは、 彼らは西側諸国からの攻撃や制裁のペナルティよりも化学兵器使用によって得られる都市や地域の方が大きいと判断したのでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/4/18 09:36:42

どちらの回答もとても参考になりました。 ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

glo********さん

2018/4/1800:59:54

もともとアサド大統領は政治家になる気もなく、医者になるために留学していたところで、父親である先代アサド大統領の後継者として本命視されていた兄が急死したので呼び戻されて後継者となった経緯があります。
その後、父の死で憲法の大統領年齢規定を改正(40歳→36歳)し、また陸軍大将に就いてから大統領職を世襲しています。

どう考えても完全に「父親の威光」の元で軍部に神輿として担がれているだけの人物ですから、アサド大統領が化学兵器を使用するなと言っても、軍部の強硬派が勝手に使用するのでしょう。
しかも対外的にアサド政権は「化学兵器は使用していない」と強弁せざるを得ないのですから、当然「化学兵器を使用した」として処罰する事も出来ません。
軍部の強硬派からすれば「大統領が庇ってくれるのだからどんどん使ってやれ」と考えても不思議ではありませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる