ここから本文です

新型Sクラスのハイブリッドが搭載したエンジンですが、

iro********さん

2018/4/1817:40:37

新型Sクラスのハイブリッドが搭載したエンジンですが、

何故V6じゃなくて直6だったのでしょうか?

V6,新型Sクラス,クランクシャフト,エンジン,直列,エンジン長,直列6気筒

閲覧数:
62
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wan********さん

2018/4/1820:47:07

V6の最大のメリットはエンジン長を縮められる点でした。
エンジン長が長いとクランクシャフトの捻れ負荷が大きく強度や製造精度が必要となります。
V6化する事でエンジン長が短くなりまずが、付帯部品は増えて横に広がります。
従来の構成ではそれでも良かったのですが、補助駆動モーターや回生発電容量確保といったマイルドハイブリッドを構成する部品を配置するのに更に横方向にスペースが必要となります。
そこで、クランクシャフト長を伸ばさずに直列で6気筒並べる事で課題を解決しています。
BMWのように6気筒を直列に拘ってきたのではありませんが、結果として20年の歳月を経て直6に回帰した事になります。

直列6気筒は、慣性振動も偶力振動も原理的に発生しません。
V6では、この振動を回避できません。
V12にでもすれば、直列6気筒と同様に振動が発生しないのですけど。
振動にも有利なので、クランクシャフトにコストをかけても経済的に釣り合うのでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

e90********さん

2018/4/1817:45:43

直6は直4の製造ラインで製造出来るから。

V6は直4と混合生産には対応しません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる