ここから本文です

もし270万の人口の島国(大きさはマダガスカルぐらい)で科学力は中世から産業革命の...

chi********さん

2018/4/2223:26:47

もし270万の人口の島国(大きさはマダガスカルぐらい)で科学力は中世から産業革命の時、どの程度の兵力を徴兵できますか?

あと、一個師団を作るには、戦闘部隊➕支援部隊を合わせて、一個師団の定員の2倍必要なのですか。

進撃の巨人という作品を見てふと思ったので、質問してみようと思いました。

補足進撃の巨人の世界では、マーレという第一次世界大戦時のすべての列強の国力を合わせたような国が攻めてきます。あなたならどうしますか。

閲覧数:
94
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koe********さん

2018/4/2311:12:41

近代においては概ね人口の1%程度、開戦時には5%程度まで上昇という程度だったかと思います。時代が遡れば農民・兵士の兼業や、出稼ぎの出兵があるために頭数は増えると思いますが、近代的な国民国家でなければ簡単に逃げたり崩壊するような軍隊となり、実戦力としては近代と同じか、むしろ少なくなると思います。

負ければ滅亡とか、非常な事態であれば10%くらいまで動員できるようですが、これはいわゆる「根こそぎ動員」と言われるような数値であり、勝っても国が衰退することは間違いありません。

進撃の巨人の人口設定などは忘れましたが、270万としてみましょう。
壁内は常に戦時にあるとも言えますが、壁の安全が保障されていた時代は平時とも言え、5%の動員率としてみます。
すると総兵力13.5万となり、のれを3つの兵団で分け合うことになります。憲兵団は成績上位者のみという制限がありますが(毎年10名×4区画×3層で120名?兵役20年と長くとってもわずか2400名)、トップは「憲兵団師団長」を称するので、実はもう少し規模があるのかもしれません。キリよく5000人としてみます。

駐屯兵団は壁の保守を兼ねており、後方部隊的な側面もあります。壁破壊時に住民の避難などもこなしており、腐敗した憲兵団に変わり実際の警察活動も兼任していそうです。半分かそれ以上の兵力を後方勤務に回していると考えられます。
1/3(4万)を壁の保守に当たらせ、残りの半数を後方に回すと残りは4万5千。北方に5千、東西合わせて1万5千、すると南方に2万5千。さらに内陸部にも振り分けて、南方最前線には2万。

壁破壊後であれば上記全てが2/3となります。トロスト区攻防戦はこれより少ない兵力のようにも見え人口がもっと少ないか、動員率が低い(食糧難で動員できず)のかもしれません。

  • 質問者

    chi********さん

    2018/4/2322:23:36

    実はネタバレになりますが、ライナーの故郷の国(マーレ)が、侵攻を画策しています。科学力は他国に劣っていますが、国力は第一次世界大戦時のすべての列強並みです。続きは、漫画で見てください。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fig********さん

2018/4/2321:27:06

中世くらいの文明なら
最大動員可能兵員はおよそ総人口の10分の1くらいです。
なのでおよそ27万人です。

ただ実際には練兵しないと使い物になりませんし
頭数だけ揃えても無駄に兵糧やら燃料(照明や暖を取るための薪だとか近世以降ならガスとかガソリンなど)を消費してしまいますし
品質的には最低レベルだとしても武器防具はもちろんテントや寝具、鍋やら防寒具や靴などなどの諸々揃えたら莫大な予算になるので(動員した以上は非戦闘時においても兵員を生かさなくちゃならず、その為にかかる費用は国家持ちになります)

実際にはさらに10分の1くらいの2.7万といったところでしょうか。
それでも財政的に厳しければ余計な動員は抑えたいので
地形次第ではポイントに防衛拠点を置いて
そこさえある程度持てば良いくらいの考えになると思いますので
常時戦力として確保する最大兵員はさらに半分の1.3万人ほどかと思います。

その1.3万人を島国の各所の拠点に配置してゆく感じですね。

jim********さん

2018/4/2307:58:08

北朝鮮で人口1000万 兵力100万
シンガポールで人口560万で 7万

4万から27万じゃないの?
1個師団の定員そのものが
後方部隊をあるていど含んでいます

だから3個師団でも不思議ではない

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gru********さん

2018/4/2300:37:27

ミリタリーで聞く話かとも思いますが。
そもそも師団構成は戦闘部隊と支援部隊は混みです。
とは言え、国により軍団・方面軍規模で支援部隊を組織もあり得るので一概には言えません。日本基準では定員数には戦闘部隊員と支援部隊員は込みです。
ただ、そもそも中世から産業革命時において近代的な師団構成はまだ無い為にどの程度軍を整備出来るのか分かりません(というか時代範囲があまりに広過ぎて一概に言えない)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる