ここから本文です

旧借地法の更新について 旧借地法の時に、契約した借地があります。 当初の契...

viv********さん

2018/4/3014:20:25

旧借地法の更新について

旧借地法の時に、契約した借地があります。
当初の契約期間は20年でした。
恐らく非堅固建物所有目的だったと思われます。

その後、地主に承諾を得ず、事後報告で
鉄骨造に建て直し、現在その建物は有ります。

このような事情で更新した場合、
次の契約期間は20年で宜しいでしょうか?
それとも30年でしょうか?

詳しい方おられましたらお教えください。
宜しくお願いいたします。

閲覧数:
58
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sys********さん

2018/5/118:17:00

借地権を更新した後の存続期間について堅固建物が30年、非堅固建物が20年。それ以上の期間を定めておけばその期間になります。

それにしても事後報告とは、、、危ない橋を渡ったのですね。

質問した人からのコメント

2018/5/3 14:20:44

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる