ここから本文です

江戸幕府の職制はいわゆる「庄屋仕立て」だと言われますが、どの辺が庄屋仕立てな...

usai21さん

2018/5/111:10:58

江戸幕府の職制はいわゆる「庄屋仕立て」だと言われますが、どの辺が庄屋仕立てなのでしょうか。

老中など複数人の「おとな」が合議するシステムは鎌倉幕府でもやっていることですし、院にだ

って評定衆が設置されています。
なので特段、三河の農村に特有なシステムではないと思います。

目付や遠国奉行、郡代などは江戸幕府の統治システムに特有の職ですから、鎌倉幕府や室町幕府の公家の家政機関風(政所仕立て?)の職制にないのはわかりますが、それ即ち「庄屋仕立て」というのがよくわかりません。

結局のところ、庄屋仕立てとは何なのでしょうか。

閲覧数:
233
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2018/5/220:33:47

農政を委託されていた庄屋、その補佐である組頭、それらの監査役である百姓代からなる村方三役の機構に似ているからではないでしょうか。

老中支配の大目付は諸大名の監察だけでなく、幕政を預かる老中自身もその対象になっていました。そのことかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「庄屋とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる