ここから本文です

顕微鏡で対物レンズを変えるとき、なぜレボルバーを持って回さなくてはいけないの...

アバター

ID非公開さん

2018/5/208:27:17

顕微鏡で対物レンズを変えるとき、なぜレボルバーを持って回さなくてはいけないのですか?

閲覧数:
141
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

not********さん

2018/5/209:17:12

対物レンズ部分を持って回すと光軸がずれるおそれがあるからです。対物レンズはいわば顕微鏡の心臓部で、レンズそのもの以外の部分もていねいに扱わなくてはいけません。

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/8 21:30:28

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

かめださん

2018/5/709:02:14

顕微鏡のレボルバーは、対物レンズを変えて倍率を変える為にあります。その為、同じピント位置を見るための同焦、同じ位置を見るための同心がレンズを変えても見えるように作って有ります。

対物レンズを持ってレボルバーをまわすと、レボルバーと対物レンズの取り付け面に無駄な力がかかります。精密に作ってある部分なので、無駄な力をかけないようにレボルバーを持って回すほうが望ましいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる