ここから本文です

なぜレクサスはEVを全く発売しないのか?

ken********さん

2018/5/622:19:23

なぜレクサスはEVを全く発売しないのか?

VWがディーゼルの将来性にトドメを刺したことでベンツ、BMW、アウディはEVを出しまくってます。
レクサスは未だ0台。
プリウスPHVがあるのでEVを作れないわけではなく、トヨタはEVにも莫大な投資をしているとのこと。
なぜ出さないのでしょうか?
まだトヨタ的には時期尚早との判断でしょうか?
経営判断としては妥当ですか?
ディーゼル全盛の時代にもあえて1台もディーゼルを出さなかったトヨタですし流されないってことでしょうか?

閲覧数:
250
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dac********さん

2018/5/703:36:39

一番の要因は現在のバッテリーの水準が急速充電に対応していない為
理論上、急速充電時間を現在の半分にする事は可能ですが、そうする事はバッテリーの発熱と急激な劣化を招きます
バッテリーの耐久性を維持するには、ゆっくり時間を掛けて充電するしかないのです
この点が品質耐久性を重要視するトヨタの理念に反するのでしょう

バッテリー容量と充電時間が正比例にある為、バッテリー容量を増やす事にも限界があります
満充電迄に12時間も掛かる様な容量では使いがってが良いと言えるでしょうか



VWだけでなくBMWの不正も発覚しましたから乗用車としては絶滅の一途をたどる運命でしょう
欧州ではドイツ自動車産業会のロビー活動(献金・ワイロ)で産業保護の為に規制緩和が行われるでしょう

ドイツの自動車産業が遅れている証拠
日産がフランスと進めていたチャデモ規格の普及促進を妨害する為に日米と異なる欧州独自の欧州コンボ規格を制定した事
2021年排ガス規制に対応出来る技術が無い為にプラグイン特別枠[ECE R101](合法的不正 抜け穴)を設けた事
VW保護の為に2017年EURO6stage2が緩和された事

現実は
ドイツは隣国から電気を輸入している為、普及させる事に無理があります
またドイツのPHVは搭載する容量が少ない為に毎日1時間早出して充電しながら通勤する事になるでしょう
ハイブリッドの性能が低い為に、そのまま走行すれば汚い排ガスの垂れ流しになります
※トヨタはこの規制に10年前から対応済みです

質問した人からのコメント

2018/5/13 09:55:48

回答ありがとうございます!
EVが現時点ではまだまだ時期尚早だとわかります。
すべての車がEVになると原発が何機必要かという試算が抜けてたり。
当分はガソリン車と共存が理想ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yah********さん

2018/5/706:16:19

欧州連合が・・イギリスが・・
・・・・・規制の対象を内燃機関へシフト。

EV化の流れを、政治主導で、
パフォーマンスを演じているが・・・

現実は、其れじゃ世の中””EV””だらけになるのか・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・と云ったらそん事には成らない。


実際にメルセデスだって、
内燃機関<CVDも含め>の開発を裏ではしっかりやっています。


トヨタも、マツダとの提携で、
EV路線の方向付けをアピールし始めたが、トヨタの展望も、
一定量の””EV””<PHVとレンジエクステンダー>を生産する体制は、
組んで行く姿勢を見せてはいますが、其ればかりでは有りません。


トヨタが見据えているのは、EVでは有りません。
もっともっと・・効率の良い、内燃機関の開発なんですよ。


それを目指しているから、マツダへのラブコールを、
・・・・・・・・・10年以上前から発進し続けていたんです。
2011年度には””HVのライセンス供与””・・・アクセラHV
2015年度には、””包括的技術提携””・・TNGA誕生
2017年度、500億円相互出資の資本提携・・アメリカ新工場建設


参考====⇩
TNGAって何? トヨタの新世代プラットフォームに迫る
http://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_30847.html
-----------------------------------------------------------
TNGAとSKYACTIVが一本化?
トヨタとマツダの提携が示す未来とは・・
http://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_31488.html
-------------------------------------------------------
トヨタの章男社長の心をくすぐったマツダ社長の一言とは?
https://newswitch.jp/p/614
~~~~~~~~~~~~~
トヨタとマツダがEV戦争に「結婚」で挑む事情
「本気の証し」として500億円の相互出資も
https://toyokeizai.net/articles/-/183412
=⇧=============================⇧=


※:トヨタの、近日・発表される””レンジエクステンダー””には、
マツダの小型ロータリーエンジン(330cc)の搭載も決まっています。
http://autoc-one.jp/toyota/special-5001145/http://autoc-one.jp/toyo...
-----------------------------------------------------------------


最終的には、今注目の論文《油田からタイヤへ・・・》

==日本機械学会誌==村瀬 英一
♦:Well to WheelとLife Cycle Assessmentの意味するところ
https://www.jsme.or.jp/kaisi/1188-47/
--------------------------------------------------------------------
:::この論文の示す未来は、燃焼効率の更なる向上を実現する事で、
:::電気自動車がエネルギーを供給を受けて、走るより、
:::::::::::::::::::::::::::エネルギー効率は高いと云う・・・理論。

♦:【マツダ提唱:油田から車輪へ(Well to Wheel)】
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ガソリンエンジンは消えず
https://www.zaikei.co.jp/article/20171031/408961.html
------------------------------------------------------------------

未来さん

2018/5/701:38:02

本気になってEVを売ろうとしていないだけでしょうね。今発売してもまぁ売れませんよ。
日産リーフが現在は単独首位のはずですが旧型で累計8万台…新型で今、2万台ですよね。。補助金も無くなりますから少しは落ち着くでしょうし、とてもじゃないですが、年間10万台も売れるとは思えません。

最大航続距離が400キロ…これがリーフのカタログ数値ですが、実際には半分でしょ。日産ディーラーでの急速充電が出来るそうですが、無かったらアウトですからね…これをトヨタが真似したとして?シェアが10~20万台…設備投資を考えたら…まぁ出さないよね…何のメリットも無いわけだし。

2分で給油が終わって600キロ走る事に慣れた人が30分、ディーラーで待って150キロ…って。余程条件が整わないと無理ってもんです。。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2018/5/700:52:57

トヨタのEV化戦略は、大容量のリチウムイオン電池が役立たずな現時点ではプラグインハイブリッド車(PHV車)でしのぎ、研究中の全固体電池が実用化できたら、一気にEV化の攻勢をかけるものと思われます。

Response:トヨタ カローラ とレビン にPHV…北京モーターショー2018
https://response.jp/article/2018/04/25/308977.html

RanQ:EVの『全固体電池』トヨタはなぜ今なのか
http://ranq-media.com/articles/2556

jmt********さん

2018/5/700:39:50

欧州ではディーゼル乗用車出してましたよ。まあエンジンはプジョーやBMWから買っていたけど、マツダとの提携もディーゼル強化が狙いだったと思うけど、いろいろ問題あるようでうまくいってないですね。大体排ガス規制が厳しいのに大気汚染が進むというのは矛盾しているというか、ごまかしているとしか言いようがないですよね。EVですが、世界で一番売れているのは日産のリーフ、それでも商業的には成功と言えない。特に中古車は走行距離が短いせいで超不人気車。新型は今は売れていますが、5万キロ以上走ったころの評価がどうなるかです。一方プリウスはバッテリーの交換は必要ですが15万キロ前後まで大丈夫だし、燃費も悪化しない。10万キロ以上の走行車両も中古車として十分売れています。一度は提携したテスラも倒産の危機にあるし、まだ尚早と見ているのでしょう。問題は苦手としている中国市場ですが、国策なのでこれから力入れると思いますよ。ハイブリッドの技術からの転用も難しくないので一気に攻勢掛けるかもしれません。EVの普及は中国次第ということでしょうか。自国の企業保護の意味もあるので企業戦略としては判断が難しいでしょうね。日産は親会社のルノーが中国と仲が良いフランスの国営企業なのでまだやりやすいところはあると思いますよ。

ten********さん

2018/5/700:30:04

トヨタのディーゼルっていまだに煙もくもくですからね
それとトヨタはEVに完全に遅れを取っています

そもそもディーゼルは欧州では乗れない地区もあり廃止する方向で動いていたのでワーゲンがどうこうではないんです

日本では販売できるので販売してるだけです

欧州欧米はEV統一規格を作っているので
トヨタが騒いだところでトヨタ式は良くて日本で採用されるだけ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる