ここから本文です

過払い金の計算でお伺いします。20年前に消費者金融で融資を受け現在も継続して...

アバター

ID非公開さん

2018/5/711:41:19

過払い金の計算でお伺いします。20年前に消費者金融で融資を受け現在も継続して取引が続いています。

2年前に履歴の開示をお願いしてネット上にある名古屋消費者問題研究会のソフトをお借りして引き直し計算しましたがよくわからない点があります。借り入れ当初の利息は29,2%でしたが25%になり19%まで下がり(ここまでは制限利息を超えていますが)6年前からは10%で法定内です、6年前からは過払い金は発生していない筈なのですがデーターをソフトに入力していくと過払い金額が法定利息になった6年後も少しづつ増えていきます。利息制限をオーバーしていた6年前時点での過払い金額よりどうして増えているのでしょうか?またこのまま増えているのであれば2年前より今現在のほうが多くなっている筈なのですが。借り入れ利率は制限より低いのに取引期間が長くなればなるほど過払いが増えていく??何かおかしいのですが計算が間違えているのかよろしくおねがいします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
67
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qbr********さん

2018/5/711:53:18

過去にあった”過払い”が元本の返済に当たっていたとみなして計算するので、現在が法定利息内だったとしても、期間が長くなるほど過払い金は増えていきます。

継続的に数字を追いかけていくとややこしいので、簡易な例で。

29.2%の利息で、

100万円借りた⇒1年後に118万円払った(残額:11万円)

法定の年利18%であれば、この時点で返済が完了しているはずなのが、残額の11万円とそれにかかる利息を払い続けていくことになるので、その後の利息が何%になろうが、払えば払うほど”過払い金”が増えていくことになります。

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/7 20:58:50

ありがとうございます、具体例な例をお示しくださり納得いたしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

リクエストマッチ

2018/5/712:35:00

過払い金って何か、ということの認識がぶれています。

20年前だと法定利息を超えていても当事者の合意があれば制限利息を超えて払っても有効だったわけですね。
それがいわゆる過払い利息です。
じゃあ、それは過払い利息として返還すればいいのか、というとそうではないんです。
過払いした利息は元本に充当したものだ、とみなして、その後の利息を再計算するんです。

なので、20年前以降に払った利息分のうち制限利率を超えた部分は、元本に充当されるので、元本が減っているはずで、減った元本に対しては制限利率で計算する利息も減るはずです。

6年前以降の過払い金が増え続けるのは、対象となっている元本が減っているからだ、と考えてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる