ここから本文です

こんにちわ。 肌断食に詳しい方助けてください! 肌断食を始めて、40日が経ちま...

nez********さん

2018/5/1011:28:02

こんにちわ。
肌断食に詳しい方助けてください!
肌断食を始めて、40日が経ちました。

今まではクレンジング→化粧水→乳液→美容液と色々と使っていましたが
現在は、メイクを全て石鹸で落とせるものにして
夜→アンティアン(手作り石鹸のお店)の石鹸→ワセリン(サンホワイト)に変えました。
最近、プルミエグラン(肌断食用の洗顔)のお試しを頼んだので、石鹸で洗顔してから
プルミエグランで洗い、その後何もつけないということを1週間ほど続けています。
私は元々ひどい「いちご鼻」に悩んでいました。
色々と調べたところ肌断食はいちご鼻にいいと聞いて始めたのがキッカケです。
現在、黒ずみは無くならないにしても毛穴の開きはかなり改善したように見えます。
メイクをしてもブツブツとなっていた鼻がメイクをすれば少しのブツブツに済むように。
凹凸もそこまで目立たなくなりました。
それは喜ばしいことなのですが、問題はシワと法令線です。
あきらかに肌断食を始める前まではなかったシワが現れ、鼻横から法令線もくっきり出てくる
ようになりました。
結果、老けた印象に。
このままでは困る、、ということで質問させていただきました。
・このまま肌断食を続けるべきか
・シンプルスキンケア(オールインワンや無印のものなど)に切り替え
・今までのスキンケアに戻すか(メイクは石鹸で落とせるものを続行)
元々、肌で気になる部分は鼻の毛穴のみであとはほぼトラブルはありませんでした。
(多少の乾燥はしましたが)
鼻への肌断食は引き続き行いたいと思うのですが、法令線とシワに耐え切れません。
これはこのまま改善しないのでしょうか。不安です。
皆様の回答お待ちしております。

閲覧数:
885
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

puk********さん

2018/5/1123:42:01

私の経験上では、肌断食というわけではないんですが、
化粧品やスキンケアアイテムの成分中の
合成ポリマー(シリコン)・合成界面活性剤を避ける
いわゆる脱ケミをしてから、肌の調子がよくなりました。
毛穴は全く目立たなくなりました。

肌断食というと「化粧水や乳液などの過剰スキンケアで肌を甘やかすと
肌本来の水分保持力がなくなるから一切ケアしない方が肌が健康になる」
といった考え方だと思いますが、そっちの効果ばかり意識されがちですが、
「市販のアイテムに含まれる、肌負担の大きい成分(合ポ・合界・香料・防腐剤など)を肌につけないこと」
「こってりコスメを落とすためにどうしても必要な強いクレンジング(肌負担大きい)が不要になること」
の効果の方が大きいと私は思います。

肌断食では植物性オイル否定、ワセリン推奨のようですが、
私はワセリンがどうも合わなくて、ホホバオイルやキャスターオイル等の植物性オイルを使ってます。
ワセリンは鉱物油なので肌に浸透せず、表面を覆って水分の蒸発を防ぐことで保湿しますが、
植物性オイルは肌に近い成分が多く肌なじみが良いです。

若い方は肌本来の水分量が多いので、ワセリンのみのケアで水分の蒸発を防げば、水分を足す必要はないようです。
私(アラフォーです)は、夏場は石鹸洗顔後オイルのみのケアでも特に乾燥する感じはないですが、
さすがに冬場の乾燥には勝てず肌がごわつく感じがするので、
自作の化粧水をつけたあとにオイルケアしてます。
精製水にグリセリンと自家製の生薬抽出エキスを入れたものです。
小ジワに効くと言われるローズマリーエキスなども入れます(^_^;)

手作り化粧水はシンプルに精製水とグリセリンのみでも十分です。
防腐剤が入ってないので1週間程度で使い切る量を作って冷蔵庫で保管します。
肌に負担をかけないシンプルレシピですし、ドラッグストアで簡単に手に入る材料で安く作れます。
よかったらお試しください。

あと、石鹸選び再考の余地があるかと思います。
手作り石鹸のお店の石鹸とのことですが、
石鹸(脂肪酸ナトリウム)は原料オイルの種類によって性質がかなり違います。

オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は保湿力が高く泡立ちの弱い柔らかい石鹸になり、
ココナッツオイルやパーム核油に含まれるラウリン酸はよく泡立つが肌を乾燥させる石鹸に、
牛脂やパーム油に含まれるパルミチン酸・ステアリン酸は固い石鹸になります。
バランスをとって何種類かオイルをブレンドして作るのが普通です。
今お使いの石鹸がどういうタイプの石鹸か確認の上、
他に肌に合うものを探してみるといいと思います。

一般的な浴用石鹸は、牛脂またはパーム油80%とココナッツオイルまたはパーム核油20%くらいが基本と言われます。
よく肌断食に推奨されている「無添加石鹸(成分表示が石けん素地のみ)」は、ほとんどがこの配合と思われます。

石鹸は、原料オイルまで表示義務がないので
成分表示を見ただけではわからないことが多いですが
オイルにこだわりのある石けんはたいてい表示してあります。

例えば有名なアレッポの石鹸はオリーブオイルとローレルオイル原料の石鹸で、ノーマルとエクストラがあります。
「ノーマル」がオリーブオイル高配合のしっとりタイプ、
非常に保湿力が高いですが、泡立ちが弱く溶け崩れやすい柔らかいのが特徴で、
「エクストラ」はローレルオイル多めのさっぱり泡立ちタイプになります。
また、マルセイユ石鹸は、オリーブオイル72%で、ココナッツオイルとパーム油をブレンドすることで泡立ちと固さをプラスしたバランスの良い石鹸です。
他、アボカド石鹸とか、シアバター石鹸なども保湿力のある石鹸です。

原料オイルだけでなく、製法でも石鹸の性質は違ってきます。
手作り石鹸の「コールドプロセス」という製法では、
石鹸の中に10%オイルが鹸化されずに残る作り方なので、
その過剰オイルが肌への保湿効果になります。

ちなみに石鹸商品の成分表示で
「石けん素地」
「脂肪酸ナトリウム」
「ヤシ油、水酸化ナトリウム(石鹸を作る原料で表示したもの)」
「ステアリン酸ナトリウム、ラウリン酸ナトリウムなど(脂肪酸ナトリウムを脂肪酸の種類別に表示)」
などと書かれているのは、どれも石けんのことです。


洗顔石鹸の選び方
http://www.live-science.com/honkan/jissen/senganerabi.html

お店で「石鹸」を見分けるコツ
http://www.live-science.com/honkan/beginner/miwake.html

質問した人からのコメント

2018/5/12 20:43:06

とても詳しくお答え頂いたのでベストアンサーにさせていただきました。
洗顔に使っている石鹸の成分ですが、調べてみたら以下のように記載されていました。

オリーブオイル、 スイートアーモンドオイル、ココナッツオイル、パームオイル、精製水、苛性ソーダ、有機栽培ホホバオイル)有機栽培ラベンダーエッセンシャルオイル、はちみつ
手作り化粧水、興味が湧いたので参考にさせていただきます!本当にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hel********さん

2018/5/1016:52:21

年齢と季節によりますよ。

mis********さん

2018/5/1011:35:25

肌断食ってそんなに長くするものだったとは知りませんでした。

私が知っているのは、たしか、毎日しているのを、入浴後のケアをせずにおくだけです。
翌朝にはちゃんと日焼け止めなどケアして外出します。
日焼け止めも必要ですし、水分がないと日焼けからの乾燥もひどくなります。

もう一度ちゃんとやり方を確認された方がいいのではと思いました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる