ここから本文です

平滑回路のリプル率についての質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/5/1013:39:02

平滑回路のリプル率についての質問です。

コンデンサ入力型平滑回路とチョーク入力型平滑回路(LC平滑回路)のリプル率が、それぞれ1/(2√3×fCR)と1/(6√2×ω^2LC)となることについて、計算過程を教えてください!

閲覧数:
91
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

2018/5/1021:33:55

ホントにその計算式なのですか。 1/(2√3×fCR)のRはπ型平滑回路のRでしょうか。

というのは、私は計算式は良く分からないのですが、リプル率は平滑回路に繋がる回路への電流、つまり負荷電流の関数でもあると実践的に理解していますが、そのファクターが計算式に入っていません。 例えば極端なハナシ、負荷電流がゼロであればリプル率はゼロになるのではないでしょうか。

逆に負荷電流が非常に大きい時、リプル率を決めるファクターの一つとして交流電源の内部抵抗があると思いますが、つまり交流電源の内部抵抗の関数でもあると思いますが、それが計算式に入っていません。

で、冒頭の疑問になりました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる