ここから本文です

新潟県阿賀野市の山中で遭難した親子 もう1週間になるのですね 1週間捜索し...

kas********さん

2018/5/1114:32:16

新潟県阿賀野市の山中で遭難した親子

もう1週間になるのですね

1週間捜索して見つからないようなものでしょうか?

閲覧数:
9,672
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuu********さん

2018/5/1123:28:38

2人とも山に慣れていないうえ、パニックと低体温症で気力も体力も限界だと思います。今週は天気が悪かったから、霧で方向が分からなくなり、水や食料も尽きてもはや極限状態、動くことも難しいのではないかと思います。
とにかく早く見つかってほしいです。どうか生きていてください。

「遭難 親子」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

2018/5/1323:48:09

60人態勢らしいからあの広大な山を捜索するのは無理があるでしょうね。
これが冬なら逆に良かったのかも。木の葉は無く、防寒装備も万全だからね。今は新緑が生い茂っていて、上空から見つけるのはほぼ無理でしょうし、中途半端にあったかいので軽装で行ってしまったみたい。しかし、夜はめちゃくちゃ寒くなる…。

kik********さん

2018/5/1220:20:14

見つかって欲しいですね。

ずいぶん昔に10日ぶりに救助された遭難者がいました。捜索打ち切りの日に、引き返す隊員らが発見したのだそうです。引き返すルートで発見されたのでとんでもなく近くにいたということですが、お互いが気付かず素通りしてしまっていたようです。

なので、捜索隊は遭難者の名前を呼びかけながら進んでいくのですが、近くに捜索隊の声を聞いても、遭難者自身が低体温症などで声を出すこともできないほど疲弊してしまっていたりもあるでしょうね。

その10日ぶりに救助された遭難者は当時、極度の疲労で幻聴や幻覚の症状が出ていたらしく、捜索隊の姿や声さえもまともに認知できていなかったのかもしれません。


親子は下山したということですから、木々が少なく発見されやすい上の方ではなく、下の方=茂みの多い樹海エリアや沢へ行ってしまっている可能性が高いですよね。

その周りは似たような景色。
靴紐を結び直す、たったそれだけの時間で、
一緒にいた人を見失ったり道迷いをすることがあるのが山の怖さです。

yam********さん

2018/5/1210:54:35

頭の弱い危機能力の低い親に育てられた子供は同じようにしかなれません。
この息子君に兄弟がいないかの方が心配ですね。
生涯独身がよいでしょう

gar********さん

2018/5/1200:41:02

昨日はドローンも入れて捜索活動をしたけどまだ見つからなかったみたいですね。

冒険心がある父親は息子を連れてアスレチック感覚で登らせようと、険しいほうの山を選んだのだろうか。

bor********さん

2018/5/1121:57:32

滑落してケガでもして動けないのでは。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる