YouTubeの南海トラフが起きた時のイメージ映像で、震度7の範囲がとても広く、日本の中心あたりをメインに日本の三分の一くらいみんな震度7になっているという映像があったのですが、今までのと

YouTubeの南海トラフが起きた時のイメージ映像で、震度7の範囲がとても広く、日本の中心あたりをメインに日本の三分の一くらいみんな震度7になっているという映像があったのですが、今までのと ころはいくらなんでも震度7程度の地震は一つか二つくらいの市内でしか一度には起きていないはずですが、南海トラフとはそんな広範囲で震度7が起きるほどやばいものだってことでしょうか? それとも、ただ大げさにしているだけですか?

地震220閲覧

ベストアンサー

0

YouTubeの再生数が増えて、チャンネル登録数が増えれば、お金になりますよね。 ということは、もうおわかりですね。

その他の回答(1件)

0

複数の巨大地震が時間を経ずに発生する「群発地震」として起きると、それぞれの観測地点で記録を分離できなくなります。 ※ 2016年熊本地震がこのケースでした。 ご覧になられたイメージ映像の主旨にもよるのですけど、広範囲に震度7を記録するような規模の地震が1つの地震として起きる場合を想定してあるのでしょう。 しかし無理矢理に地震規模を上げると、大きな地震が起き得ない位置に地震断面を引かなくてはならなくなります。 例えば添付のマップはM9.3をシミュレーションしたものですが、地震断面が670km以上にもなりますので、ほとんど地震が起きない四国南方のフィリピン海プレート内部域にまで地震断面を想定せざるを得なくなりました。 震度想定に関するマップが公表してあっても、想定した震源満面に関する情報は記入されないケースが多いようです。 震度マップの信頼性を判断するために、想定した震源の情報は重要です。 巨大地震が起きるはずもない位置に想定していないか確認できない想定震度分布は、信頼するに耐えません。 【 M9.3 単発地震のシミュレーション 】 ※ ほとんど地震が起きない四国南方にまで地震断面を想定

画像