ここから本文です

胡蝶蘭の根っこについて 胡蝶蘭の根っこが鉢から外に伸びてしまいました 根っ...

アバター

ID非公開さん

2018/5/1509:01:54

胡蝶蘭の根っこについて

胡蝶蘭の根っこが鉢から外に伸びてしまいました
根っこは鉢にピッタリと張り付いており、無理に外そうとすると、折れそうで怖いです
植え替えする時、鉢ごと水に漬

けたら良いらしいですが、去年植え替えをしてちますので、今年は植え替えの予定はありません
この根っこの外すのはどうすればいいでしょうか?
このままでもいいのでしょうか?

閲覧数:
89
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tyo********さん

2018/5/1510:06:09

胡蝶蘭の根が出るのはある意味、仕方のないことです。
植込み材の水苔が傷んで腐っていればそれを嫌って
鉢外へ出ます。
根が元気に育てば鉢内に収まりきらないので外へ。
これはカトレアにも外へ出る性質があります。
デンドロビウムもね。
1~2本根が折れるても成長に影響はありません。
外へ出るのを気にしないでそのまま育てることをお勧めします。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kak********さん

2018/5/1513:16:12

胡蝶蘭は本来、樹木の幹や枝の樹皮に根を貼りくっ付いて生育
する植物です、ですから鉢から根がはみ出すのは極自然な事な
のです。
>「根っこは鉢にピッタリと張り付いており、無理に外そうとすると、折れそうで怖いです」
外す場合は、根の先端側に斜め横にスライドさせる様に押すと
案外奇麗に外せます。(少しだけ動かす事がポイント)

>「このままでもいいのでしょうか? 」
先ず基本を説明しておきます。
ランの根、特に着生ランの根は成長している根冠(ルートキャッ
プと呼ばれる緑や赤の半透明な先端部分)が触れた物の材質に合
う根にする性質が有ります。
水苔なら水苔に合う、バークならバークと云った感じです。
例えば水苔植えの場合、水苔内の根は硬く象牙の様な感じです、
しかし外にはみ出た根はコルク質の様なそんなかんじです。
この場合、外にはみ出た根は空中に慣れている為、植替えの時
に水苔等で植込んでしまうと、ほとんど根腐れしてしまいます。
これは急に通気が悪く成り、窒息状態の為と考えられます。
半面元々植え込まれていた根は腐ったりはしません。
ですから、以下の3点に注意下さい。

(1)無理で無い限りは、はみ出した根は植込みしない。

(2)植替えの保険として添付写真の様に茎から新根が出かけた時
に植替えする、従来の根が痛んでも新しい根が育てば問題無し。

(3)鉢も含め従来の植込み材料と同じ物を使用する。

なお植え替え後、「ネメデール」等を使うと回復が早いと思い
ますよ♥

胡蝶蘭は本来、樹木の幹や枝の樹皮に根を貼りくっ付いて生育...

hot********さん

2018/5/1510:33:27

蘭は根が鉢からはみ出すようになってやっとが咲きます。
あまりにもはみ出しが多くなった時植え替え時期だと判断すればいいです。その際腐った根を取り除き、込み合った根を鋤いても構いません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fys********さん

2018/5/1510:13:00

私はそのままで、適当に水をやって管理しています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる