ここから本文です

簿記3級の問題です。

アバター

ID非公開さん

2018/5/3021:43:42

簿記3級の問題です。

貸倒引当金から売掛金を推定するという問題なのですが、決算整理後残高試算表には貸倒引当金は21,600、受取手形は495,000です

受取手形と売掛金の期末残高合計額に対し2%の貸倒を見積ります。

解説には 21,600÷2%-495,000=585,000(売掛金)
と書いてあるのですが全く理解ができません

説明をお願い致します(__)

閲覧数:
79
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hap********さん

2018/5/3107:40:48

貸倒引当金=(受取手形の額+売掛金の額)×0.02

※0.02は2%だからです。
というのが、この問題での貸倒引当金の条件ということです。
分かっている部分の数字を上記に当てはめて埋めていくと、

21,600=(495,000+A)×0.02 となります。
(Aは売掛金の意味です。)

この計算を解いていくと、

21,600=495,000×0.02+A×0.02
21,600=9,900+0.02A
21,600-9,900=0.02A
11,700=0.02A
11,700÷0.02=A
585,000=A

となるので、売掛金の額は585,000円ということです。

解説の式よりは、上記のように考えた方がわかりやすいと
思いますよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

com********さん

編集あり2018/5/3100:40:05

ワケわからなかったら、式を分けましょう。

まず、2万1600円の貸倒引当金のうち受取手形に対する貸倒引当金がいくらなのか計算。
(受取手形の金額が確定しているから、その金額に対して2%の金額を計算。
受取手形に対する貸倒引当金が計算できれば、貸倒引当金残高から確定した分の貸倒引当金を引く。その金額÷0.02で売掛金の残高を計算)
問題文に『受取手形と売掛金の期末合計額に対して2%』という事が書いてあるので、とりあえずは「それじゃ、受取手形に対する貸倒引当金っていくらなの?」って計算をします。

受取手形:49万5000円
×2%
=9900円
→2万1600円(貸倒引当金残高)-9900円(受取手形に対する貸倒引当金)
=1万1700(この1万1700円が売掛金に対する貸倒引当金)


1万1700÷2%(これでも出ました)
=58万5000円
または
1万1700円÷0.02
=58万5000円

この58万5000円が売掛金の残高です。

vwv********さん

2018/5/3022:27:06

この場合、期末現在の「受取手形 + 売掛金」の合計の2%が貸倒引当金の残高となります。

受取手形の残高は495,000円ということですから、その2%は9,900円となります。

貸倒引当金が21,600円ということですから、受取手形分の9,900円を控除すると残りは11,700円となります。

この11,700円が売掛金分の貸倒引当金となります。
11,700円 ÷ 0.02 = 売掛金残高となり、「ANS:585,000円」ということになります。

>解説には 21,600÷2%-495,000=585,000(売掛金)
>と書いてあるのですが全く理解ができません
回答していることと、解説をよく理解してください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる