ここから本文です

飛鳥時代について、物部氏と蘇我氏は仏教をどうこうで対立しましたが、一方大伴氏...

ただの高校生さん

2018/6/522:00:01

飛鳥時代について、物部氏と蘇我氏は仏教をどうこうで対立しましたが、一方大伴氏と蘇我氏はなぜ対立したのでしょうか??大雑把ですみません ♂️

閲覧数:
74
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pin********さん

2018/6/607:04:18

「大伴氏」も「物部氏」も「蘇我氏」も、「後発の藤原氏」も、基本的に「権力者集団の手下、官僚」です。
権力者集団が後継者問題などで対立すると、手下の官僚も対立すると言う構図です。
「大伴が物部」に潰され、「物部が蘇我」に潰され、「蘇我が藤原に潰されていった」というのが大きな流れです。
その他にも、「阿部、多治比、巨勢等官僚集団がたくさんあります」。
「潰されたと言っても。完全ではなく、後の時代に復権して来るという事もあります。
回答としては、「物部が大伴」を潰して、「物部+大伴」に成っているために、「蘇我VS物部+大伴」という状況で、蘇我と大伴が対立しているように見えるのです。

質問した人からのコメント

2018/6/6 20:59:25

なるほどですな

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hju********さん

2018/6/600:14:26

対立してましたっけ?

蘇我氏がやっつけたのは崇峻天皇の取りまきの大伴糠手とかいう人物です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる