ここから本文です

ラムゼイルールの均一税率の命題の意味がよくわかりません。わかりやすく解説をお...

vba********さん

2018/6/723:54:05

ラムゼイルールの均一税率の命題の意味がよくわかりません。わかりやすく解説をお願いします。

閲覧数:
11
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

heb********さん

2018/6/909:09:11

ラムゼイルールとは、税金で税額を計算して常に一定に安定して取るには、月ごとに需要の変動が大きい商品よりも毎月一定の出費が必ずある出費に課税する方が税率を計算しやすいと言う理論です。

つまり、たとえば自動車や不動産の取引に課税しようとしても、毎月新車を買っている人なんていませんよね。ある時に大きく出費をするけれども別の時期には全然買わないと言う性質の商品ですから、この時期に必ず金額として何円出費されると計算できない。すると、税収がいついつの時期にどれくらいと予測することも大変になる。
一方、食費や光熱費、学費と言った出費は、毎月いくらいくらの出費と言うのが概ね決まっていますよね。毎月の出費が決まっていますから、税収としていくらの収入と数式を作りやすいと言う理論で、あとはその計算の的中率をどのように上げていくかの問題だけです。

日本が国策として税制策にラムゼイルールを導入するかは何ともよくは判りません。基本的には国家のあり方の基軸とは税収額であると言う考え方の理論になり、それが国家としてどの程度受け入れやすい考え方となるかにつきましては、国民性によって様々でしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる