ここから本文です

文豪ストレイドッグス 太宰 中也 15歳 のネタバレを盛大に具体的にしてください。

tar********さん

2018/6/906:02:16

文豪ストレイドッグス 太宰 中也 15歳 のネタバレを盛大に具体的にしてください。

補足あらすじをネタバレをいれてガンガンしていくかんじでお願いします。

閲覧数:
16,139
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cle********さん

2018/6/914:25:48

中也と出会う前の太宰は、まだマフィアに所属していませんでしたが、先代を殺し、首領となった森鴎外の証人として、彼と共にいました。
ある時、死んだはずの先代首領が現れたという噂が流れ、鴎外に真相を探るように頼まれた太宰は、すり鉢のように地面が窪んだ地形にできた貧民街・擂鉢街に向かいます。そこで出会った(正確には出会い頭に太宰を蹴り飛ばした)のは、未成年で構成されたマフィアの敵対組織である「羊」を実質束ねていた中也でした。彼の圧倒的な戦闘センスに押されていましたが、突如起こった黒い炎を伴う巨大な爆発に巻き込まれ、全員吹き飛ばされてしまいます。その時、太宰は炎を物ともせずに立っている先代の姿を目撃しました。

その後、マフィアに捕らえられた中也。森に捜査の協力を要請されるも断固断りました。しかし、もともと彼がその黒い炎を伴う爆発「荒覇吐(アラハバキ)」(←擂鉢街の特徴的な地形を作ったのもこの爆発ではないかと噂されていました。)について探っていたことに加え、「羊」の仲間を人質に取られてしまったことから、太宰と共に黒い炎と先代について調べることになりました。

調査のため、太宰と中也は一週間前に起こった大爆発に遭遇した者の中で、唯一の生存者であり、マフィア準幹部である蘭堂に話を聞きに行きます。途中で邪魔が入りましたがこれまた中也が圧倒的な力を発揮し、敵を片付けました。その後、2人は蘭堂から話を聞きました。彼は爆発の中心に、黒い獣を見たと言い、それを神と称しました。
その蘭堂の話だけで真相が分かったという太宰。「嘘だろう!?」と突っかかる中也でしたが暴力による問題解決を森から禁止されている2人は電子遊技場(ゲームセンター)で決着をつけていました。(勿論ずる賢い太宰の勝利です)そこで2人は中也の仲間である羊のメンバーに遭遇し、太宰は何故か彼らの前で森に人質を解放してもらうように伝えます。もうマフィアに従う必要は無いと中也に詰め寄る羊のメンバーでしたが、これは俺の問題だと、中也は太宰と調査を続ける意志を見せ、彼らの不信を買いました。

蘭堂の住居で「中也君解放されておめ(中略)パーティ」の準備をする太宰にそういえば、、、と例の事件の犯人が本当に分かったのかを蘭堂は太宰に問います。「貴方だよ、蘭堂さん」と、蘭堂の話の矛盾点を根拠に断言する太宰。その時、蘭堂を犯人とし、思い切り蹴飛ばしながら中也が現れます。ただ、中也は太宰とは違う理由から、蘭堂が犯人だと気付きました。「神」は実在し、またそれが一週間前に現れる筈がないからだというのです。あれが今どこにいるのかと問う蘭堂。彼の目的は最初から自分を餌にし、荒覇吐の真相を知る者を誘き出すことでした。しばらく黙ったあと、中也はこう告げます。「俺だよ」と。実は中也には8年前(この時に最初の爆発が起こり、擂鉢街が生まれました。蘭堂が黒い獣を目撃したのもこの時です)より前の記憶が存在せず、どこかの施設に封印されていました。そして蘭堂も、敵国が持つ強大なエネルギー生命体を奪還しに来た、欧州の異能諜報員、アルチュール・ランボオであり、施設にいた中也の封印を解いたのも自身であることを明かします。彼の異能は自らが作り出した亜空間の中にある死体を取り込み、異能化する(先代も異能化されていました)というものでした。ランボオは中也を殺して異能として取り込み、爆発の衝撃により失われた記憶——日本に一緒に潜入した親友であり、相棒であるポール・ヴェルレエヌが爆発の後どうなったのか——を取り戻そうとしていました。ランボオの常識はずれの強さに押された2人でしたが協力してなんとか勝利。そしてランボオは相棒は祖国を裏切ったので自ら手をかけたことを思い出します。ランボオは自分は強大な力の周りにへばりつく模様にすぎないと言う中也に「生きよ」と告げ、死にました。
それから一ヶ月。事件は解決し、それぞれの生活がまた始まるかと思われました。しかし、中也は別の組織と手を組んだ「羊」の仲間たちに裏切られてしまいます。不意打ちから重傷を負い、追っ手から逃げる中也の前に現れたのは、「羊」たちを殺すため、構成員を引き連れた太宰でした。恩があるからと未成年は殺されないよう、太宰と取引し、中也はマフィアに加入することとなりました。実はここまでのシナリオは太宰が描いたもの。彼が電子遊技場でした不可解な行動は中也をマフィアに入れ、自分の犬として使うためのことでした。

マフィアに加入した証に、鴎外は中也に蘭堂の遺品である帽子を手渡します。「羊」をまとめることが出来なかった中也は鴎外に組織の長とは何かを問い、その考えに感銘を受け、鴎外が組織の奴隷であるように自分も鴎外の奴隷となり組織のために尽くすことを誓います。また、鴎外は蘭堂の残した資料から、中也がいたのは軍の人口異能の研究施設であることを伝えました。龍頭抗争で活躍した中也はその資料を読むことができるようになり、その情報をもとに欧州で実は死んでいなかったヴェルレエヌと対決し、真相を知ることとなります。

この物語は安吾さんの報告書であり、ヴェルレエヌとの対決はまた別途報告書でとのことです。

長文失礼いたしました。誤字脱字についてはご容赦ください。
なにか質問があればどうぞ。

質問した人からのコメント

2018/6/9 19:17:33

具体的に丁寧に···· どうもありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる