ここから本文です

至急、解説お願いします、化学です。

hir********さん

2018/6/1923:00:03

至急、解説お願いします、化学です。

⑵で、解説にはAの方が蒸気圧効果が大きくなる。すなわちBでは凝縮する水分子より蒸発する分子の方が多い。

と書いてありますが、すなわち〜が理解できません。
解説お願いします

水分子,解説,蒸気圧効果,ビーカー,質量モル濃度,至急,化学

閲覧数:
16
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

確かに乱暴な解説ですね。

要は、質量モル濃度を出した後、塩化ナトリウムは電離するのでさらに2倍として考えます。

水溶液中に粒子がたくさん溶け込んでいる状態は、わかりやすくいうと水分子が蒸発するための面積が実際の面積より小さくなります。水面上にたくさんのナトリウムイオンと塩化物イオンがいれば、蒸発しようにもこいつらが邪魔なんですよ。

蒸気圧効果、とは、つまり、どれくらい水分子にとって外に出て行くチャンスがあるか、という指標のことだと考えてもらっていいです。

実際に計算すると、
ビーカーAは
質量モル濃度=(2.34/58.5)*(1000/100)
となり、0.4という数字が出てきますが、実際は電離度がほぼ1なので、見かけの質量モル濃度は0.8ということになります

ビーカーBは
質量モル濃度=(9.00/180)*(1000/100)
となり、0.5ですよね。

そうなると、水分子にとってはビーカーAの方が邪魔なイオン(粒子)が多いので、相対的にビーカーBの方が蒸発しやすい状態になり、結果として「Bでは凝縮する水分子より蒸発する水分子の方が多く」なってしまうわけです。う〜ん、難しいよねぇ、わかったかなあ?

質問した人からのコメント

2018/6/20 07:43:50

イメージはつきました。
ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる