ここから本文です

『千葉県東方沖地震! 活動活性化か? NHK 関東大地震が近い?

blu********さん

2018/6/1322:13:26

『千葉県東方沖地震! 活動活性化か? NHK 関東大地震が近い?

』2018/6/12


東日本大震災では、三陸沖の海溝が南北に長距離にずれ動いた。
その結果、海溝の歪は、今、その両端である青森県東方沖と千葉県東方沖に集中して溜まっている。
次はそこで海溝がずれる。


千葉県東方沖の海溝型地震が起きると、それ自体も十分に恐いが、
それが関東の地下のいくつもの活断層に影響を与えて、直下型の関東大地震も起きる?
そんな可能性があるのでは?



日本列島全体が、千年ぶりの地震多発の世紀に入っているのでは?

原発が恐い!
もういい加減に、原発は全て即時に廃止宣言すべきでは?



※千年前、三陸沖の超巨大地震(貞観地震)の後、関東大地震、南海トラフの超巨大地震が起きた。
その前後で、内陸部でも日本海側でも、いくつもの大地震が起きている。

863年(6年前) 今の富山県から新潟県にかけ大地震
864年(5年前) 富士山、阿蘇山が噴火
868年(前年) 兵庫県で大地震(M7以上)
869年貞観地震
871年(2年後) 鳥海山が噴火
878年(9年後) 関東地方で大地震
887年(18年後) 南海地震(M8.0~8.5)



・・・

『千葉県東方沖地震 活動活性化か』2018/6/12 NHK

「12日午前5時9分ごろ、千葉県東方沖を震源とする地震があり、県内でも笠間市や土浦市などで震度1の揺れを観測しました。

千葉県東方沖では、今月に入って地下の岩盤がずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が観測され、政府の地震調査委員会は周辺の地震活動が活発になる可能性があるとして、11日開いた会合で注意を呼びかけていました。

12日午前5時9分ごろ、千葉県東方沖を震源とする地震があり、千葉県で最大震度3の揺れを観測したほか、県内でも笠間市や土浦市、石岡市などで震度1の揺れを観測しました。

気象庁の観測によりますと、震源地は千葉県東方沖で震源の深さは20キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.9と推定されています。

今回の地震が起きた千葉県東方沖では、陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込み、その境界がゆっくりとずれ動いて発生する「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きていると指摘されていました。

政府の地震調査委員会は11日開いた会合で、国土地理院や防災科学技術研究所の観測データが示され、房総半島では今月に入りGPSによる観測で地盤が南東におよそ1センチずれ動く変化が捉えられたということです。

「スロースリップ」は数年おきに発生し、周辺の地震活動が活発になるということで、最近では4年前の平成26年1月に千葉県で震度3の揺れを観測する地震が2回起きたほか、平成19年8月には震度5弱の揺れを観測する地震も起きています。

地震調査委員会の委員長で東京大学地震研究所の平田直教授は、今回の地震のあと、NHKの取材に対し、「きのうの会合で指摘したとおりに地震が起きたといえる。今回は震度3だったが、今後はより揺れの大きい地震が起きる可能性もあるので、地震活動に引き続き注意してほしい」と話していました。」



・・・

『原発は国家ぐるみの粉飾決算だ! 吉原・城南信金理事長』

「原発のコストの方が低いという人で、いやしくもビジネスマンや経済に携わる者ならば、会計の原則ぐらい勉強していただきたい。コスト計算には、直接原価と間接原価があり、そこで総合原価計算が行われる。原発は、今あるウランを使うだけならば直接原価は低い」

「では、その結果の間接原価はどうなのか。将来の廃炉費用や、使用済み核燃料の保管料や処理費用、工事費や人件費、地代がカウントされているのか。カウントされていない。われわれは今、時価会計で、将来に発生するキャッシュフローをすべて現在価値化し、負債計上している。原発にはそれが入っていない」

「1回事故が発生したら、天文学的なコストがかかる。貸し倒れ引当金の積み立ての考え方を入れれば、とんでもない引き当てを積まなければならない。これは、不採算というのではないか。国家ぐるみの壮大な粉飾決算だ」



・・・

<世界中で、原発は一気に縮小・廃止に向かっている!>

◆原発産業
米国のGEとWH、独のシーメンスは、原発建設事業から撤退!
東芝は破綻!
仏アレバは大赤字に転落!

◆米国
新規建設が進まない中、ほとんどが老朽化し、採算が合わず、廃止が相次いでいる。
カリフォルニア州では、2025年までに原発ゼロになる。
◆中国
建設中の4基が、異常な建設遅れで、深刻化!
現在の原発比率が数%で2050年でも数%に抑える。
一方で再エネ比率は86%まで増やす。
◆独
2022年で原発を完全廃止!
さらに、褐炭・石炭火力の全廃止のスケジュールもまもなく明示する
◆仏
2025年までに77%→50%、総発電量の27%分の原発をたった7年で廃止する!
◆先進諸国
ほとんどが原発ゼロ方針 or 縮小方針
◆台湾も韓国も
原発ゼロ方針を表明
◆トルコ
日本の原発輸出は、事業費倍増の5兆円超えで、頓挫!

補足


全ての電源方式で「原発」だけは、事故発生時、次元の異なる莫大な被害が発生する。


<東日本大震災と原発事故>

◆岩手県
死者+行方不明者 5790人
震災関連死 464人(死者/不明者の8.0%)

◆宮城県
死者+行方不明者 10763人
震災関連死 926人(死者/不明者の8.6%)

◆福島県
死者+行方不明者 1810人
震災関連死 2202人(死者/不明者の121.7%)【→福島だけ異常に多い!】

◆7年後の現在の避難者数 計73000人
そのうち福島 計50000人【→福島だけ異常に多い!】

福島 31501人(浪江町、川俣町、飯舘村、富岡町)
そのうちで福島の帰還者 1364人(4.3%、2018/2/1時点)

「解除されても70歳以下は誰も戻らない」
「子供が帰れない、だから帰りたくても帰れない」
「今も自殺者の発生が続く」
「小児甲状腺がん患者数は194名を超え今も増加中、事故前の百倍?」
「森の放射性物質は、地下に沈降せず千年後もそこに残る」


東日本大震災の被害の「本質」は、まさに「原発事故」だ!

千葉県東方沖,粉飾決算,海溝,スロースリップ,原発,マグニチュード,M7クラス

閲覧数:
1,783
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yas********さん

2018/6/1422:04:56

青森県東方沖はマグニチュード8.3、千葉県東方沖はマグニチュード8.5の巨大地震を起こしますが、千葉県東方沖は1677年から現在に至るまで341年エネルギーを溜めています。今すぐマグニチュード8.5は低いとは思いますが、何があるかわかりません。

「南海トラフ地震 4月18日」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mac********さん

2018/6/1501:16:17

そろそろドカンと来るんじゃないっすか
ま、今時地震に怯えるような時代じゃないっすけど

怖いのは地震の後
二次災害すね

火事とか他の問題

海沿いの人は地震が怖いというより
地震後の津波 これが一番こわいよね

ser********さん

2018/6/1421:12:08

首都直下のM7クラスのは27.5年に1回ぐらいなのでいつ来てもおかしくない。
関東地震暮らすのは(M8)は数百年おきぐらいなので近いうち起こる可能性は低いと考えられてます。

sat********さん

2018/6/1406:31:40

日本は、何万年も前から地震大国です。いつどこで大地震が起こっても不思議ではありません。安全な地震はありません。日ごろから防災対策を怠らないようにしましょう。

天災は、忘れた頃にやってくる。
天災は、忘れなくてもやってくる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる