ここから本文です

事故後、相手の保険屋と確認すべきことはなんですか? 信号待ちで停車中に追突...

アバター

ID非公開さん

2018/6/1608:09:28

事故後、相手の保険屋と確認すべきことはなんですか?

信号待ちで停車中に追突されました。

・壊れた車の修理の見積もりはこちらが指定した店で良いのですか?

・シャーシが歪んでいる等で修理より買い替えの方が安いというような場合、賠償額の算定方法はどうなりますか?
・休業補償について、レアなケースかもしれませんが調度 有給中の場合、どのような扱いになるのでしょうか。
・過失割合は10対0のケースと思いますが、自分の保険に弁護士特約があれば、弁護士に交渉してもらった方が良いのでしょうか。

閲覧数:
74
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

deb********さん

2018/6/1609:04:18

相手が『任意保険加入』して、
相手保険会社が対応・交渉に出てきた場合、常識的な賠償は受けられる

・損害額(修理費用)を確定させるのは『被害者側が行う』べき事
原則、どこで修理しても構わない
修理先が決定⇒速やかに相手保険会社の交渉窓口(担当者)に連絡

・物損部分の賠償問題は「修理費用もしくは事故直前の車両時価額」いずれか低い方を賠償すれば良い判例が確立しています
車両時価額以内で修理できるなら『修理額』が
車両時価額を超えた場合は「車両時価額」が賠償額の上限になります
(代車が必要なら代車費用が、買い替えが必要な場合には”買い換え諸費用”が認められる事が多い。請求しないとお支払いされない)

・「事故に遭わなければ有休を使用する事が無かった」のに有休を使わざるを得なかった場合には「相手保険会社は”有給休暇の買い取り”をしてくれます(補償あり)

元々、有休を使用中なら『被った損害が発生しなかった』と判断される可能性はありそう。難しいと思われるが、相手に話して”説明を受けて”

・弁護士特約が有っても、使った方が良いかどうかは状況次第
相手が任意保険に加入していれば、常識的なお支払い(賠償)はある

人身傷害が発生、後遺障害が残る懸念がある
自動車の評価額に乖離がある・・・なら、利用された方が良い

弁護士委任すると『自動車の修理に取り掛かる事が留保されたり、最終示談まで時間が掛かる事』がネック。費用は掛からなくても、手間暇掛けた時間に対する『賠償受取額アップ』が十分見合うか判断して

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/17 15:28:35

参考になりました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2018/6/1608:27:58

・壊れた車の修理の見積もりはこちらが指定した店で良いのですか?
→ご自身の指定業者で大丈夫です。

・シャーシが歪んでいる等で修理より買い替えの方が安いというような場合、賠償額の算定方法はどうなりますか?
→自動車事故での保険支払は、時価格の範囲内です。
ご自身の車(バイク?)の時価が100万と判定さたら、その範囲で修理出来れば修理となりますが、それ以上の損傷の見積りとなっても、100万以上は支払われません。

・休業補償について、レアなケースかもしれませんが調度 有給中の場合、どのような扱いになるのでしょうか。
→有給休暇は、休んでいても給与が支払われていますので、有給期間中は損失とは見なされません。

・過失割合は10対0のケースと思いますが、自分の保険に弁護士特約があれば、弁護士に交渉してもらった方が良いのでしょうか
→相手保険会社の提示に納得がいかなければ使用しても良いでしょうが、補償の算出に関しては、規定がありますので、過失割合がなければあまり変わり無いと思います。

mok********さん

2018/6/1608:17:47

ん?
物損事故?人身事故?

>・壊れた車の修理の見積もりはこちらが指定した店で良いのですか?

大丈夫です。

>・シャーシが歪んでいる等で修理より買い替えの方が安いというような場合、賠償額の算定方法はどうなりますか?

車の相場価格が設定されているので、その相場金額しか支払いは行われません。

>・休業補償について、レアなケースかもしれませんが調度 有給中の場合、どのような扱いになるのでしょうか。

人身事故扱いであれば、事故が原因での治療・療養の欠勤保証がされます。
有給中の場合は、会社と協議をして欠勤扱いにしてもらえば大丈夫です。

>・過失割合は10対0のケースと思いますが、自分の保険に弁護士特約があれば、弁護士に交渉してもらった方が良いのでしょうか。

弁護士の役割は、示談交渉のみなので人身事故の場合は有効です。
物損の場合は、あまり意味はない。
ただ、特約としても使用回数が決まっている場合があるので長期治療じゃないなら使用は今後の為に残すかは自己判断です。

his********さん

2018/6/1608:17:19

指定した店でよい。
原則買い替えは認められないがケースによっては新品交換有り
休業補償は原則過去三か月の給与から平均を査定する
弁護士費用保険とは原則貴方が保険未加入や過失割合に納得いかない場合に使う特約→対象外

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる