ここから本文です

簿記の表示区分とは何を表しているのでしょうか? 例えば貸借対照表の資産の部で...

sak********さん

2018/6/1615:26:10

簿記の表示区分とは何を表しているのでしょうか?
例えば貸借対照表の資産の部でしたら
「資産の部」が表示区分なのか「流動資産など」が表示区分なのか
どちらなのでしょうか?

閲覧数:
17
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2018/6/1622:58:42

B/Sで言うと、
資産の部
・流動資産
・固定資産
・繰延資産

ここまでか表示区分に該当します。

なお、企業会計原則においては、下記のように規定されています。


(損益計算書の区分)
二 損益計算書には、営業損益計算、経常損益計算及び純損益計算の区分を設けなければならない。


(貸借対照表の区分)
二 貸借対照表は、資産の部、負債の部及び資本の部の三区分に分ち、さらに資産の部を流動資産、固定資産及び繰延資産に、負債の部を流動負債及び固定負債に区分しなければならない。

これを表示区分といいます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる