ここから本文です

コンクリートよりセメントの方が頑丈ですか?

アバター

ID非公開さん

2018/6/1813:57:54

コンクリートよりセメントの方が頑丈ですか?

コンクリートとは、セメント、水、砂、砕石・砂利を混合させて作られるそうですね
不純物を入れるのは安く済ませるためだと思いますが、セメントと水だけで作ったセメント壁は、不純物入りのコンクリート壁より頑丈であるとの認識で正しいですか?

閲覧数:
157
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2018/6/1816:58:29

骨材を入れる目的が単価を低くするため以外に、セメントペーストの割合が大きいと収縮や沈下、化学反応を起こした際の温度変化によりクラックが生じやすくなるため、割合を小さくしてクラックを防ぐ理由があります。
つまりセメントペーストによる構造物の施工はクラックが入りやすく難しいという事です。
また、通常の工事で求められるコンクリート強度は骨材自体の強度より低いです。
圧縮強度試験の供試体へセメントペーストによるキャッピングを行う事からもわかるように、クラックが生じない少量であれば極力水を減らしたセメントペーストは非常に強度が高いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

znama1さん

2018/6/1818:30:17

重りとしてセメントの固まりが欲しかったのですが、セメントと水だけだと硬化後は手で曲げるとパキパキと割れました。砂とか砂利とかを巻き込む事で強くなるっぽいです。
セメントは「つなぎ」で、その「つなぎ」単体だと弱い感じですね。

yos********さん

2018/6/1815:33:09

砂や砂利を入れるのは強度を上げるため。
決して安く済ませるためではありません。

jun********さん

2018/6/1814:48:15

コンクリートの製造にはセメントが必要ですが…
骨材を繋ぎ止めてこそ、強い強度が出ます。

表現として適切かは分かりませんが…

人間で言うと砂利や砂は筋肉、骨は鉄筋、セメントは革や肉の様なものだと思います。

高強度セメントと言うものはありますが、水とセメントを混ぜただけで、コンクリートの様な強度は出ません。

必要だから砂利や砂、スラグ、減水材などを入れるのです。

日東京介さん

2018/6/1814:05:31

セメントを水で練って固めても強度は全くない。

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

2018/6/1814:02:02

砂も入れずに、セメントと水だけで作るととんでもなく弱いですよ。

セメントに骨材として、砂利と砂が入っているものをコンクリートと云います。
セメントに砂だけが入っているものをモルタルと云います。
モルタルより、コンクリートが強度は強いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる