ここから本文です

電気主任技術者の合格証にある番号に関して、認定と筆記の区別がつくみたいですが...

mog********さん

2018/6/1815:42:40

電気主任技術者の合格証にある番号に関して、認定と筆記の区別がつくみたいですが昭和の頃はどうですか?

閲覧数:
245
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mem********さん

2018/6/1910:42:19

まず現行の免状の番号は、第△△-E〇〇〇〇号となってます。
△は、交付年を表しています。
〇は、数字です。
現行の電気主任技術者制度の開始年である昭和40年が1となります。
Eが試験合格者の記号です。

認定の場合はEの部分のアルファベットが変わります。
アルファベットの何になるかは、主管する産業保安監督部によって下記になるらしいです。
A 北海道産業保安監督部
B 関東東北産業保安監督部東北支部
C 関東東北産業保安監督部
D 中部近畿産業保安監督部
F 中部近畿産業保安監督部北陸産業保安監督署
G 中部近畿産業保安監督部近畿支部
H 中国四国産業保安監督部
J 中国四国産業保安監督部四国支部
K 九州産業保安監督部
L 那覇産業保安監督事務所


で、昭和の免状番号ですが、先輩(試験合格)に見せてもらったところ、

第△△-〇〇〇〇号

と、アルファベット表記がありませんでした。
△は、交付年であることは一緒なので、〇の数字内に認定かどうかが隠されているのか、その時代は番号ではわからないようにしているのか、どこを調べてもわかりませんでした。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

isb********さん

2018/6/1911:04:16

>電気主任技術者の合格証にある番号

電気主任技術者免状の番号ですかね(認定だと合格証は交付されないので)。

昭和時代に交付された番号は第●ー○○○○号となっている。

●は昭和40年を1とした交付年の連続番号(昭和39年までは旧電気事業主任技術者資格検定規則なので免状でなく合格証明書が交付されていた)。
○は4桁の交付番号。

>電気主任技術者の合格証にある番号

電気主任技術者免状の番号ですかね(認定だと合格証は交付されないので)。...

sin********さん

2018/6/1911:03:13

現行の電気主任技術者制度の開始年前の、昭和38年の「電気事業主任技術者資格検定合格証書」では、その名称で検定試験の合格者であることが分かりますが、証書にも「成規の試験を経て前記種別の資格に合格したり依りて之を証す」とあります。
証書番号は、第五四〇△〇号となっています。
当時も認定制度はあったと思いますが、詳しくは知りません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる