ここから本文です

日本で仏教が民衆の間に浸透していくようになったのはいつ頃か。 この件に関し、6...

his********さん

2018/6/1922:29:41

日本で仏教が民衆の間に浸透していくようになったのはいつ頃か。
この件に関し、6世紀の時点で仏教が既に民衆に広まっていったのか否か、本によって表現が異なるため、判断できずにいます。

-本1
・「奈良時代に入るころから仏教はしだいに民衆にもひろまっていく」
・「僧尼令は勝手な民間布教を禁じていた」
・「行基は・・・社会事業をとおして教えをひろめていった」←※これは当時としては例外的事例だし、交通手段もマスメディアもなかった当時、行基一人でできることはごく一部の民衆に限られていたのでは?
-本2
・「この時代(注:奈良時代)では、・・・造寺・造仏の資力のない一般民衆は、仏教に近づくことはほとんどなかった」←※仏教が最初に朝廷の保護のもとで活動を始めたのは、鎮護国家の祈祷を要求されてそれに応えるためだったはずなので、そもそも誰も民衆を布教の対象に考えていなかったのでは?
-本3
・「6世紀になると・・・。・・・仏教の教えは、大王・豪族にまず受けいれられ、やがて一般民衆にも普及していった」
-本4
・「(「国分寺」とは)741年(天平13)聖武天皇の発願により・・・鎮護国家の機能をになう本格的な地方の官寺」←※まだこの段階でも民衆レベルの布教までは本格的に考えていなかったのでは?
このように見てくると、民衆の間に本格的に浸透していくのは、仏教が支配階級に浸透した後であったのは確かのように思えるのですが、それでは具体的にいつ頃(○世紀の始め/中頃/終わり)でしょうか。
※:質問者コメント

閲覧数:
54
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ejn********さん

2018/6/2000:24:48

教養のあった貴族では無く、文字も読めない一般民衆に広まったのは、
鎌倉時代。
浄土真宗や日蓮宗。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BB%8...

質問した人からのコメント

2018/6/23 23:46:33

回答有難うございました。参照先も付けて頂き感謝です。他の回答者の皆さんも有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ail********さん

2018/6/2012:17:01

民衆布教の記録は鎌倉時代から多出します。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kjn********さん

2018/6/2009:27:21

おたく、物知りなのに、質問いるんですか?

回答者にまわれば。

aka********さん

2018/6/1922:35:50

平安末期の浄土教から。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる