ID非公開

2018/6/21 21:51

22回答

下水道技術検定三種の参考書についての質問です。

下水道技術検定三種の参考書についての質問です。 下水道事業支援センターのテキストをお勧めされたのですが、調べてみると、「第3種下水道技術検定 受験対策」と「合格への道筋 下水道技術検定学習テキスト 第3種下水道技術検定試験」の二種類あり、良いお値段なので1冊だけの購入を考えています。 自分は前知識が無く、ゼロからのスタートなのですが、勉強を始めるにあたりどちらがお勧めでしょうか?? それとも、2冊同時購入出来なければ、他の市販?の参考書を買うべきでしょうか? 実際に購入された方など、内容にお詳しい方いらっしゃいましたら教えて頂きたいです、よろしくお願いします。 テキストはこちらのものです。(下水道事業支援センター) https://www.sbmc.or.jp/book/index.html

資格270閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

正直、初学で合格するには両方必要だと思います。 「受験対策」の方は、いわゆる過去問集であり、 解説は付いていますが、詳細は書かれていません。 それにこの資格は宅建同様、合格ラインが受験者 の試験の出来で変動します。その観点からも確実 な得点力がないと、合格は確約できないでしょう。 ただ、お書きのように「学習テキスト」はやや高 価なのと、分量が結構あり、使いこなすには十分 な時間も必要なので、オーム社さんの関根先生の 本でもいいと思います。ただ、値段はあまり変わ りません。理工系の解説書は高価なものが多いで すから・・・

その他の回答(1件)

0

正直、初学で合格するには両方必要だと思います。 「受験対策」の方はいわゆる過去問集であり、解説は付いていますが 詳細は書かれていません。 それにこの資格は宅建同様、合格ラインが受験者の試験の出来で変動 します。その観点からも確実な得点力がないと、合格は確約できない でしょう。 ただ、お書きのように「学習テキスト」は、やや高価なのと、分量が 結構あり、使いこなすには十分な時間も必要なので、オーム社さんの 関根先生の本でもいいと思います。ただ、値段はあまり変わりません。 理工系の解説書は高価なものが多いですからね。