離婚後、妻と子供が持ち家に住み続けて夫が家をでる場合で、住宅ローン支払い完了後(28年後)に住宅の所有権を移動する予定なのですが、この場合、財産分与として扱われ税金はかからないのでしょ

離婚後、妻と子供が持ち家に住み続けて夫が家をでる場合で、住宅ローン支払い完了後(28年後)に住宅の所有権を移動する予定なのですが、この場合、財産分与として扱われ税金はかからないのでしょ うか? 離婚時に公正証書か調停協議書として、住宅ローン支払い完了後(28年後)に住宅の所有権を移動すると言う事を明記しておく。 現状、 住宅ローン負債者は夫 家の所有権は夫婦共有名義 今後、 住宅ローンは夫が払い続ける その間は、夫婦共有名義のまま 以上、分かる方教えて下さい。宜しくお願い致します。

家族関係の悩み | 生き方、人生相談430閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

主様は夫ですか?妻ですか? そういうケースが多いんですよね! 残債が無ければいいんですが、残債ローンが多額に残っていて妻に収入がない場合は妻名義にできませんから困りものです 『元夫ですので当初は返済しますがやめてしまうのも自由です。しかも本人は困らず、困るのはその家に住んでる元妻』・・やがて差押え、競売・・です。 そこで、主様は弱い妻とします。 その解決策は『贈与の仮登記』を付ける事です。 具体的に説明します。 まず、財産分与、慰謝料、養育費等の総額として住宅ローン残債と同額を設定、又は調整し『離婚協議書』を作成して公正証書にします。 そして、ローン完済後にその住宅を妻名義に贈与するための『条件付贈与契約』を行い、『贈与の仮登記』を付けておけば一応安心です 住宅ローンを夫の義務とします、金額の確認及び未支払分の取り立て等の煩わしさから解放され、夫のローン完済時には住宅が手に入ります 完璧ではありませんが現時点では最良だと思います。 離婚協議書の作成等が難しいので最寄りの司法書士にお尋ねください。 税金に関しては、法律の範囲内でしたら掛かりません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 贈与の仮登記と言うのがあるんですね。 勉強になりました。 是非、活用したいと思います!

お礼日時:2018/6/24 15:58

その他の回答(1件)