ここから本文です

暗殺教室 見たことないですが、コロ先生? 丸いキャラクター?

man********さん

2018/6/2523:07:47

暗殺教室


見たことないですが、コロ先生? 丸いキャラクター?

しかしらないです、

大体のストーリーを教えてください。

何が面白いのか、そこには何を訴えたいのか。。。

ネタバレまったく気にしません。

その内容次第で見ようと思います。そして、アニメと漫画、どっちがお勧め?両方?

閲覧数:
100
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

edo********さん

2018/6/2817:08:46

こんにちは。自分的にはアニメの方が好きです。
殺せない先生で殺センセーです。
ネタバレ大丈夫なようですので、内容を普通に書きます。
始めは、月が破壊され三日月になってしまったことから始まる。月を破壊した超生物が日本国の政府にきて、あと1年後に地球を破壊するつもりでいることとそれまでに、あるクラスの担任教師をしそのクラスのみ暗殺を許そうという。
そのクラスというのが、超名門中学で頭のいい人ばかりの学校の中でもある一つに特化した人や勉強のできない人は学年順位が下がり別校舎で蔑まれ勉強をする通称エンドのE組というところ。
彼らは始めこそ協調性もなく、大人としての礼儀も知らない彼らが成長していき殺センセーを殺す目的の他にも、人間として大切な体験を積み重ねていきます。

さて、見所ですが。
先生や生徒に暴力を振るった学年の秀才-赤羽業がE組におりてきます。彼は勝手な行動や人のためにする、優しい心情を持ち合わせていなかった。
その彼が日々成長をしていき、気弱な主人公-潮田渚と行動をともにする。
渚にも隠れた才能が途中で開化されるが、それまでは気弱な女の子のような少年だった。

人気の話は、気弱だった渚が業とある議題について対立し、一致していたクラス全体が二人に別れていく。
喧嘩のような感じでサバイバルゲーム(インク式)で勝った方の意見に賛同するというもの。
これがもう、皆の頭脳と体力、身体能力バトルになります。ワクワクしますよ。正直能力や頭脳でいえば、業のチームが優勢かと思われますが結果はいかに。

二つ目は、定期テストで下剋上を目指したり文化祭をすることです。
階級の低いE組は全てがほったらかしの中で不利の状況を味方につけて自由に文化祭や訓練、修学旅行にいきます。
定期テストのシーンは擬人化というかモンスター化されてまして、彼らは赤羽業を先頭に置きそれぞれの得意分野で定期テストに立ち向かい、特進クラスのメンバーをぎゃふんといわせにいきます。
やはり、赤羽業の堂々たる勝利のシーンは何度見ても格好いい。

三つ目は暗殺方法について、中学生が真面目に大掛かりな仕掛けや計画を立てて行うところです。
やはり、チートの殺センセーはどの場合にも予測はしてきますが視聴者までも予測できないとこがあります。緊迫感がいい。

四つめは、個性豊かな生徒が落ちこぼれから才能を活かせるようになることです。穏やかで気弱な渚が堂々と暗殺を出来るようになり、渚の隠れた才能が暗殺に役立つ時が来る。
皆がそれぞれにスナイパーとしての腕や、体術など。
様々な刺客が来ますが、彼らなりの強さを持って立ち向かう姿や学生としての青春が見れます。

いかがですか。興味はもってもらえましたか。
是非見てほしいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yos********さん

2018/6/2901:05:41

まず最初にコロ先生ではなく殺せんせーです
殺せんせーという名前は茅野カエデ(雪村あかり)という生徒が付けました。殺せんせーの由来は 殺せない先生→ころせん せんせい→ころせんせーです。
大まかなあらすじですと
まず最初に殺せんせーが神学校の中学校のE組に来ます。
そして色々あって生徒たちは殺せんせーをナイフで殺しました。
雑ですみません。ちゃんと書こうと思いましたがかなり長くなってしまいます。
とにかく面白いです。引き込まれます。
私は昨日だけで2期の1話から最終話まで全部見てしまいました。(3週目)です。
漫画でもアニメでもどちらでもオススメです。是非ご覧になられてみて下さい。

chi********さん

2018/6/2817:24:23

糞つまらないですよ。ワンピースの足元にも及ばない糞漫画です
ストーリーを知る価値もないです

yuk********さん

2018/6/2523:57:55

成績の悪い生徒や素行不良の悪い生徒が落とされたエンドのE組と呼ばれる隔離校舎にマッハ20の超生物・殺せんせーが現れ、「来年の3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する。」と言われE組の教師になります。
最初は殆んどやる気のなかったE組生徒だが殺せんせー、烏間先生、ビッチ先生と関わっていく事で徐々に暗殺者としての腕を磨き殺せんせーとの距離も縮みます。
本校舎の生徒とのテスト、野球、文化祭等の対決も見物です。
卒業間近で句による殺せんせー暗殺兵器で殺せんせーがE組校舎に閉じ込められ助けに行くE組生徒の前に柳沢と2代目死神が現れ闘いの末、2代目死神を倒すも力尽きた殺せんせーはE組生徒に押さえられもう1人の主人公・潮田渚によって消滅します。
殺せんせーとE組生徒は殺し屋と暗殺者という関係ですが1年間で本当の教師と生徒の関係になります。
7年後の最終回ではそれぞれの道に進んだE組生徒が旧校舎の手入れを行い、潮田渚は不良高校の教師になった所で終わっています。
単行本全21巻、アニメは全2期放送しましたがアニメは原作の話がかなりカットされていますがアニメは総集編の映画「課外授業編」もありますので単行本とアニメの両方面白いのでお勧めです。

成績の悪い生徒や素行不良の悪い生徒が落とされたエンドのE組と呼ばれる隔離校舎にマッハ20の超生物・殺せんせーが現れ...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる