ここから本文です

でもよくよく考えたら、日本が16強って普通にすごくないですか??

アバター

ID非公開さん

2018/6/2907:22:53

でもよくよく考えたら、日本が16強って普通にすごくないですか??

閲覧数:
34
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/6/2908:00:56

人の考え方ってそれぞれですからね。
でも、私は、鳥かごを使ってまでの決勝トーナメント進出は、嬉しくないですね。

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/29 08:10:41

なら次の試合で応援するなよ。
そう言う以上は応援する資格はない。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sor********さん

2018/6/2907:31:44

まずW杯に出られたこと自体が凄い。
その上16強入りは「普通に」ではなく「非常に」凄い。

ポーランドを舐めていた人は少数派。
むしろ3連敗できないとポーランドが必死に戦ってくることを警戒した人が多数派。

今回の結果で日本嫌いが増えたとしたら、それは浅はかな人又はやっかみが多いということだろう。
決勝トーナメント進出条件を知っている人ならば、日本を非難したり、日本嫌いになるわけがない。
むしろ世界は日本によってフェアプレーの大切さを思い知らされただろうね。
2戦目までどの国も勝ちか引き分け以上を狙って必死に戦っていた。
そしてそれは3戦目でも同様だった。
そういう厳しい状況でも日本のフェアプレーはセネガルを上回っていた。
だから日本のフェアプレーには大変価値がある。
韓国はなりふり構わず、あれだけ汚いアンフェアプレーを連発したが、それでも1勝2敗で勝ち点3の予選敗退。
世界では韓国批判・韓国嫌いが増えただろうね。

セネガルにわざと負ける理由も余裕もない。
セネガルが決勝トーナメントに進出するには、勝つか引き分けが条件だからだ。
なぜならセネガルがあのまま0-1で負けたら、日本とセネガルは勝ち点4・得失点0・総得点4で全くのイーブン、直接対決でも引き分けで全くのイーブン。
そうなるとフェアプレーポンイトで決まる。
フェアプレーポンイトは、イエローカードが日本4枚セネガル6枚で、日本の決勝トーナメント進出は決定となる。
当然セネガルも知っている。
セネガルは引き分け以上に持ち込もうとしたが、力及ばず敗れたのだ。

GK川島は汚名返上・名誉挽回のナイスプレーだったね。
あの状況で、セネガルVSコロンビアが引き分けのまま終わらなかったのは、神様ってやっぱりいるんだなと思った。
神様は日本に味方し、神様は日本のフェアプレーを評価したんだね。
やっぱりフェアプレーは大事だね。
日本のフェアプレーの勝利だね。
西野監督のこのままの状況で終わる、という判断は正しかった。
試合会場でのブーイングの意味が分からない。
同じ状況ならどこの国でもやるだろ。
日本のボール回しでの時間稼ぎ戦術は当然のこと。
非難されることじゃない。
日本はブーイングに耐えてよくがんばった。
セネガルもよくがんばったけど。
コロンビアは結果的に2勝、強かったね。

今回日本を非難している人は、他の国が同じことしても恐らく非難しないんだろうね。
今回日本を非難している人は、恐らく反日人士又はただのやっかみだろうね。

フェアプレーポンイトが決め手になって、決勝トーナメントに進出する芸当は、韓国には絶対できないだろうね。
1次リーグ3試合での韓国の「ファウル数」
メキシコ戦:24
スウェーデン戦:23
ドイツ戦:16
合計:63

1次リーグ3試合での韓国の「イエローカード数」
メキシコ戦:4
スウェーデン戦:2
ドイツ戦:4
合計:10

●ドイツに歴史的勝利も「反則大国」として名を残した韓国 ファウル、イエローカード最多記録
2018.6.28
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180628/spo1806280011-n1.html
サッカーW杯で前回王者のドイツを相手に歴史的勝利を挙げた韓国だが、
「反則大国」
としても不名誉な歴史を刻んでしまった。
現時点で、韓国のイエローカード数、ファウル数は出場32チーム中最多となっている。
反則の目立つ韓国に対しては批判の声も上がっていたが、最後まで改められることはなかった。
《太極戦士、世界最強ドイツに完勝》
《私たちはあなたたちが誇らしい》
ドイツ戦終了後、韓国メディアのサイトには、韓国の勝利に狂喜乱舞する見出しが並んだ。
決勝トーナメント出場こそならなかったが、前回大会で優勝し、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング1位のドイツに2-0で勝利したのだから、無理はない。
だが、フェアプレー精神が尊ばれるなかで、韓国サッカーは極めて異質だ。
ドイツ戦でのファウル数は16に上り、4枚のイエローカードを乱発したのだ。
ドイツのファウル数7、イエローカード0と比べると、悪質性は際立っている。
韓国の反則の多さは大会を通じて問題となっていた。
2戦目のメキシコ戦では、ファウル数24、イエローカード4枚を記録。
メキシコのオソリオ監督が試合後、
「審判の判定については話したくないが、韓国のファウルは24回もあった。
予防措置が取られることを願っている」
と不満を漏らしたほどだった。
韓国のラフプレーは最後まで改善されず、1次リーグ3試合合計でファウル数は63、イエローカードは10枚に上り、現時点で出場32チームの中で最も多い。
まだ3戦目を控えるチームはあるが、ファウル数で30以上の差があり、韓国が
「反則王者」
として歴史に名を残す可能性は高い。
せっかくの大金星も台無しだ。

●「日本を見習え」韓国連敗で“半端ない”自虐 フェアプレーとも程遠く…メキシコ戦のファウル数なんと「24」 W杯
2018.6.26
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180626/spo1806260008-n1.html
サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で連敗し、自力での決勝トーナメント進出の可能性が消滅した韓国が、
「半端ない自虐」
に陥っている。
普段は憎悪の対象である日本を見習うべきだと報じられ、韓国サッカー界のレジェンドからは将来を懸念する声も上がる。
27日にドイツとの戦いを控えている韓国だが、
「終戦ムード」
一色に包まれている。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領も観戦した24日のメキシコ戦を1-2で敗れた韓国代表に対し、韓国メディアは辛辣だった。
朝鮮日報は25日、
《韓国連敗、「闘魂」頼みの限界露呈》
と報じた。
記事では、シュート本数でメキシコを上回りながら、非効率な攻めに終始した韓国の代表のプレーを嘆いた。
フェアプレー面でも韓国はひどかった。
大会の公式サイトによると、韓国のファウル数は24、警告数は4。
メキシコのファウル7、警告ゼロと比較すると、韓国の闘志がいかに空回りを続けていたかが分かる。
韓国とは対照的に、快進撃を続ける日本をうらやむ報道まで飛び出した。
《サムライ挑戦精神…韓国は日本を見習うべき》
との中央日報の記事では、日本について
「封建時代の武士のように挑戦的なサッカーを見せている」
と絶賛。
匿名の韓国サッカー関係者の話として、日本の精神を
「韓国が見習わなければいけない」
と紹介した。
イングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、2002年の日韓大会では韓国のベスト4進出に貢献した元韓国代表、朴智星(パク・チソン)氏の見方はさらに厳しかった。
中央日報のインタビューで、
「世界的にサッカー人気が高まっているが、韓国だけが逆に進んでいるのも事実だ」
と述べ、
「システムから根本的に改善しなければ4年後にも敗戦を繰り返すことになるだろう」
と話した。
ドイツ戦に敗れ、3連敗で大会を終えたら、どうなるのか心配だ。

pow********さん

2018/6/2907:31:28

W杯史上最低の試合。
あんな恥さらしてまで残って
意味あるのかなぁ?

果敢に攻めて敗退した方が・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる