ここから本文です

空港の税関や荷物検査について質問させてください。 スリランカで大量に同じ衣...

piy********さん

2018/7/514:32:55

空港の税関や荷物検査について質問させてください。

スリランカで大量に同じ衣類を購入しました。
同じものを20着ほど,3種類柄違いで購入しているので,合計60着。

これを手荷物スーツケースにいれて,日本に帰国する場合,
税関や荷物検査で引っかかるのでしょうか。

通常,自分の衣類ということで,特段問題ない(たまたま同じ柄が多い)と思いますが,
一つ一つ梱包されている状態です(新品状態)

大勢のグループでおそろいで着るためなので,
梱包された状態で他のひとには渡したいので,
梱包から取り出して自分の衣類かのように他のものを合わせてしまうことができません。

新品未使用で梱包されている同じ衣類が大量にスーツケースに入っていることは,
引っかかりますでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
283
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tem********さん

2018/7/523:18:04

piy********さん

残念ながら、これまでの回答にはいずれも不正確な点があります。

特に、
>嘘回答に呆れてます。

と述べている人が誤った回答をしていますのでこちらこそ呆れてしまいます。

税関の公式サイトは↓です。この記載と照らし合わせて読んでください。
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm

まず、
海外から買って帰ってきて日本に持ち込む際の免税範囲は酒タバコを除いて市価で20万円相当までです。

なので、他のお買い物も加えて20万円相当以内ならば、いずれにせよ免税で、税関申告書の「③ 免税範囲(B面3.を参照)を超える 購入品・お土産品・贈答品など(を持っているか)」という質問は「いいえ」でいいです。
(商用の問題については後述)


(申告書の様式については、↓のサイトで参照してください。)
www.customs.go.jp/kaigairyoko/shinkokusho.htm


その際に、一つ数百円のお菓子か何かまでいちいち数えるのは面倒なので、
「1品目1万円以内のものは、原則として免税(=数えなくてよい)」というルールがあります。
(↑のページの表の「その他の品目」の項の3.を参照)

「1品目1万円」であって、 toc********さん回答のように一点1万円でも、win********さん 回答のように同種のもの1万円でもありません。

「1品目」とは、これも↑のサイトにあるように、「チョコレート」「ネクタイ」のように、同じ種類の商品ということで、「同じ商品」ではありません。今回のTシャツであれば、色柄やサイズが違っても、全部Tシャツという同じ種類の商品ですから、その合計額が1万円相当を超えていれば計算に含める必要がありますが、いずれにせよすべてのお買い物の合計が20万円以内であれば免税で、申告書に記載する必要はありません。

>申告書には記載する義務があります
というwin********さんの回答は誤り。(申告書の裏面には、「(A面の1.及び3.ですべて「いいえ」を選択した方は記入する必要はありません。)」とあります。)

ただし、これも↑のサイトの一番上の記述があるように、20万円以内は免税となるのは、「個人的に使用すると認められるものに限」られています。

少なくとも制度の上では、衣類だから問題ないとか、商用で買い付けてきても免税だとかいうのは適切ではありません。

同じものをどれくらい買ってきたら商用とみなすかは税関職員の判断にゆだねられています(24個以内などとまことしやかに言う人がいますが、モノにより、態様により違います。)

日本人の場合大量のお土産を買ってきて配りまくることがあるのは税関も承知しているので、特に安いものの場合、相当数であってもとがめだてはしないようです。
(例えばお菓子なんかの場合、クラスメート全員に配るんだ、と言い張れば否定するのは困難なので)

今回のTシャツであれば、途上国で売っているごく安いものならば、20枚×3色であれば、サークルの仲間でお揃いで着るのに配るんだ、と言えば(保証はできませんが)通ると思いますので、「とても個人用とは認められない」との意見には賛同できません。

(これが1枚数千円のブランド物のTシャツならば、話は別です。)

Tシャツ60枚となるとそれなりにかさばるでしょうから、特にそれだけで一つの荷物になっていれば税関職員に見えないということはないでしょうが、

税関申告書には
「④ 商業貨物・商品サンプル(を持っているか)」という項目がありますが、商用ではないのですから、「いいえ」でいいです。

現に商用でないのですから商用でないとすればいいことで、こちらから何か言う必要もなくて、もし仮に
「ずいぶん大きな荷物があるようですがそれは何ですか?そんなにたくさんの衣類は商用ではないのですか?」
と言われたら、上記のような説明をすればいいです。

なので、「引っかかるか」といった、ばれるかばれないか、ばれなきゃいいのかという発想をする必要はありませんし、そういう発想をする方を尊敬しません。

おそらく、仮に本当に商用で買い付けてきたものであっても、自分で使う、あるいは仲間内で配りまくるので個人用だ、と言い張られれば認めざるを得ない程度の量と値段ならば、そんなものに目くじら立ててわずかな税金を取っても仕方がないので、大目に見ているということなのでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

win********さん

2018/7/515:30:33

使途と税関は関係ないとの書き込みも見られますが、その他の物品の20万円以下の免税範囲は旅行者に対する簡易課税で、基本的には個人使用に対する範囲に限られています。
お土産で数人に配る範囲であればこの範囲内であると判断されるでしょうが、あなたの言う数量であればとてもその範囲であるとは判断されないでしょう。
また税関申告の際に600円のもの60着であれば同種のもの1万円以上という範囲を超えているので、申告書には記載する義務があります。
これらは出国した後に帰国までに取得した物品すべてが対象であるので、スーツケースに入れて預けて運ぼうが、機内持ち込み手荷物として自分で持って運ぼうが一緒です。
また商用目的と判断された場合には、税率は旅行者簡易課税ではなく、通常の輸入税率が適用されるのが普通です。

上で個人的見解で個人使用範囲とは判断されないであろうと書きましたが、最終的に判断するのはあくまでも当日の税関職員です。
どういった対応になるかは正確には分かりませんので、あくまでも参考程度にしてください。

一番ベストな対応とおっしゃいますが、それは正直に申告して、課税対象と判断された場合に素直に税金を払って持ち込むことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

toc********さん

2018/7/514:54:40

1点1万円以下、総額20万円以下なら免税です。領収書でそのことがわかれば問題ない。使途と関税は関係ありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/7/514:46:27

商業目的で持ち込もうとしているかどうかの認定は、相対した税関職員が行います。
ここで「衣類だから関係ない」などと言っても、誰もそれを保証することは出来ません。

税関はまとめて持ち込んでいる場合は、単品価格ではなく総額に対して基準を見ることがある、という点にも注意してください。
「イベント等でみんなで着るために持ち込んだ」と表現すると、解釈次第では「イベントを実施するのか、ということは商業目的だからビザ免除じゃないな」となると藪蛇です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cat********さん

2018/7/514:35:11

服ですから、引っかかることはありませんよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる