ここから本文です

こんにちは初めまして。 あなたが防虫に詳しい専門家とのことなのでリクエストさ...

an4********さん

2018/7/802:47:06

こんにちは初めまして。
あなたが防虫に詳しい専門家とのことなのでリクエストさせていただきます。

蜂、特にクマンバチやスズメバチなど、アナフィラキシーショックを与える恐れがある危険な蜂が一戸建ての家の外壁等に巣を作らせないために、どう予防すれば良いでしょうか?

春から夏場になると蜂が家のすぐ外をぶんぶん飛び回る音がして怖いです。

今のところ、外壁にハチの巣があるのを発見してませんが、毎年春から夏になると飛び回る音がします。

その音は1匹程度で10匹以上ではありません。

今年も飛び回っている音がし出しました。

未だ刺された経験は無いのですが、凄まじく痛いとのこと。


宜しければ回答お願いいたします。

アナフィラキシーショック,クマンバチ,ハチの巣,スズメバチ,外壁,営巣,このたび

この質問は、oku********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
55
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

奥村防蟲科学の画像

企業公式

奥村防蟲科学株式会社さん

リクエストマッチ

2018/7/812:57:51

戸建住宅における蜂の営巣防止策について、ご質問に回答させて頂きます。


このたびはリクエスト下さいまして、ありがとうございます。



住宅の外壁等に巣をつくる蜂には複数の種類が存在し、それぞれ生態が異なります。

代表的な種類を列記します。
1. スズメバチ類
2. アシナガバチ類
3. ミツバチ類
4. クマバチ類
5. ドロバチ類

上記5種類の蜂を予防するためには、それぞれの蜂の生態に応じた対策が必要となり、抜本的な予防には住宅の構造から検討(新築)したり、見直し(既設)したりする必要があります。



総合的には敷地内にそれぞれの蜂の好む花の有無を調べ、有るようなら撤去します。藤棚の様に先祖代々受け継がれてきたものは残し、他の手段で営巣を予防します。


外構部材も含めて敷地内に劣化木材の有無を調べ、有るようならアクリル系塗料の塗布または忌避性の強い防腐防蟻剤の処理などします。


次に、営巣のために侵入できる隙間と空間の有無を調べ、有るようなら開口部の封鎖または外装材の交換などします。



まだまだ種に応じた様々な対策方法がありますが、とてつもなく長くなるので割愛します。



このように、耕種的および物理的ならびに化学的に営巣を防ぐ対策を講じます。



以上簡単ですが、ご参考になりましたら幸いです。

質問した人からのコメント

2018/7/8 14:23:02

御丁寧な回答をありがとうございました。
参考にさせていただきます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる