ここから本文です

家族3人だけの零細有限会社です。最近年金機構が厚生年金に加入しろとやかましいの...

アバター

ID非公開さん

2018/7/906:54:44

家族3人だけの零細有限会社です。最近年金機構が厚生年金に加入しろとやかましいのですが、税理士や家族の意見から厚生年金には加入していません。
高所得者に入りますが、収入が不安定な業種

のため会社の負担が増えるのは困ります。又今の年齢(60代)で厚生年金に加入しても払い損になると思います。
家族には個人年金をかけており、貯蓄が十分あり家賃収入などもあるため将来路頭に迷うことはありません。
厚生年金に加入するメリットはどこにあるのでしょうか。

閲覧数:
111
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gre********さん

2018/7/1018:37:31

困りますよね、、、この社会保険。

確かに、義務なんですよね加入は。。。

ご家族3人とあります。

3人はどのような構成ですかね?

みなさん役員なんですかね?


このあたりで対応は変わってくるような気がします。

ただ、社会保険事務所から連絡があった場合は

喧嘩腰ではなく、いい感じで対応していた方がいいです。

入ってもメリットがない!!という感じにすると

相手も調査するぞ!!のスタンスになりかねない。

ここは冷静に、かつ柔軟に、そしていい感じに。。。

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/13 14:13:39

言い訳しながら先延ばし先延ばししようと思います

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

gte********さん

2018/7/916:18:17

メリットがあるから加入するのではなく、義務だから加入しなければならないのですよ。税金と同じです。公的年金は国民の助け合いシステムであり、自分にメリットがあれば加入するという考え方は間違っています。加入しなければならない人が加入するのです。
嫌なら法人を止めて、個人事業とするしかありません。

臨検前に加入すれば、加入した時からの保険料で済みますが、いつまでも拒否していて臨検→職権による適用となった場合は、2年前にさかのぼり加入させられ、保険料も2年遡って徴収されるようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

yty********さん

2018/7/909:31:38

<最近年金機構が厚生年金に加入しろとやかましいのですが--->
社会保険の強制適用事業所は、事業主や従業員の意思にかかわらず、健康保険や厚生年金保険などの社会保険への加入が義務付けられており、加入の手続きを取らないと法律で罰せられます。
適用対象の事業所
•事業主を含む従業員1人以上の会社、国や地方公共団体などの法人
•常時使用の従業員が5人以上いる、一部の業種を除く個人事業所
昨今は節税額より、社会保険料の負担の方がはるかに大きいので、会社をたたんで、個人事業主に戻る、個人成りのニーズが出ています。
従業員だけ、社会保険に加入する選択肢もありますので、この辺りも要検討です。
会社を解散、清算するには、法務と税務で最低でも40万程度は掛かりますが、長い目で見て、社会保険料節約に比べれば、元は取れます。

<今の年齢(60代)で厚生年金に加入しても払い損になると思います。厚生年金に加入するメリットはどこにあるのでしょうか。 >
70歳迄厚生年金は加入可能です。払い損では有りませんが、短命であればそう言う事になります。
メリットは遺族厚生年金は、対象が配偶者、子どもに加え孫や親、祖父母までが対象なのだ。加えて、支給停止もない。
妻の年齢が40歳から65歳になるまでの期間は584,500円/年加算される(中高齢寡婦加算)

障害厚生年金は、被保険者が障害を負ってしまった場合に支給される年金である。こちらも、国民年金が障害1級、2級であることが支給要件なのに対し、厚生年金では3級の場合でも支給される。

20年以上加入していれば、配偶者が65歳になるまで、加給年金が加算されます。(平成30年価格389,800円)
但し、配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

また夫(妻)が受けている老齢厚生年金や障害厚生年金に加算されている加給年金額の対象者になっている妻(夫)が65歳になると、それまで夫(妻)に支給されていた加給年金額が打ち切られます。このとき妻(夫)が老齢基礎年金を受けられる場合には、一定の基準により妻(夫)自身の老齢基礎年金の額に加算がされます。これを振替加算といいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる