ここから本文です

30代での転職。

アバター

ID非公開さん

2018/7/1005:29:33

30代での転職。

20代では様々な仕事を経験し、自分を磨いてきました。最終的には正社員となり一生働ける仕事を見つけるというのが目標でした。

向上心の塊というか、仕事は誰にも負けない。
そんな考えを持っておりました。

しかし今思えば、この考えは間違っていたのかもしれません。
これまでやってきた仕事は全て契約社員、即ちただのバイトなのです。業務内容は社員と変わらないものばかりでしたが、どこへ行っても仕事ぶりを高く評価して頂きそこから、社員の道に進むチャンスはいくらでもありました。

誰でも出来るような仕事ではなく、専門的なことがしたかったし、もっと成長し、自分を磨いたり、壁にぶつかるくらい苦労したいそう思っていましたが、現在無職です。

ある国家資格を取得し転職を試みましたが、未経験のためか、書類すら通りません。

ある程度は覚悟していたので貯蓄はありましたが、自信も無くなり、そろそろ決断しなければなりません。

もう誰でも受かるレベルの仕事を探すしかないですよね。

閲覧数:
236
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

2018/7/1008:09:00

年齢的に諦めるのはもったいないと思います。
契約社員は雇用期間に定めがあるだけで、バイトとは位置付けは違うのではありませんか?少なくともわたしの認識はそうです。
自分で選んだ道を、間違っていたのかもしれないと考えた時点で、あなた様は負のオーラを発している可能性があります。人間、誰も自分を守ってもらえません。あなた様が自分で自分を否定してしまうと、誰も守ってくれなくなります。
まずそこの意識改革が必要ではないでしょうか?
ちなみに社員の道があるにもかかわらず、実行しなかったのなぜでしょう?
書類選考になにか問題があるのなら、何度も練り直したり、ハローワークの相談員に聞いてみたりするのも一つの方法です。いままでは35歳までが転職に有利だと言われていましたが、最近は高齢化もあり、30代後半まで上がっています。諦めるのはまだ早いと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/1011:29:36

    私自身も契約社員とアルバイトは少し違う認識でしたが、これまで同じ契約社員である同僚や上司は所詮バイトと同じと言う方も多く、世間はそういう評価なのかと感じておりました。

    仰る通りかもしれませんが、転職活動が思うように行かず焦りも感じはじめ
    転職期間が長引くに連れ自信が無くなり始めたのも事実です。

    これまで私自身、他の人に出来て自分に出来ないわけが無いという姿勢で取り組んできました。

    今一度意識改革をしなければなりませんね。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pea********さん

2018/7/1620:26:53

とりあえずその取得された国家資格をわずかでも活かせる仕事を探された方がいいのではないでしょうか。

koc********さん

2018/7/1411:44:11

確かに契約社員はバイト同様です。
同時に誰にでもできる簡単な仕事しか与えられません。
だから、褒められることも多い傾向にあります。

そこでの問題はあなたのおっしゃる通り、スキルが身に付かないことです。
転職の武器はスキルあっての経験と実績です。

ですが、気づけただけでも良かったと思います。
あなたの向上心は間違いじゃないし、一生懸命やれば報われます。
その向上心をまずは身近なものに向けてみては。
いきなり国家資格と言っても難しいと思いますし、この機にあなたがやりたいと思っている仕事を現実的な範囲に模索してみてください。

専門職だって向上心なく腐っていく人は山ほどいます。
そんな人より、誰が見てないところでも、清く一からでも頑張る人のほうが会社は欲しがります。

今までの向上心は捨てずに、まずはスキルを身に着けてください。
40.50代からでも看護学校に入る人もいるのですから、遅すぎることはないです。

skw********さん

2018/7/1410:31:41

私も転職活動経験者ですが、転職活動で一番難しいのは、面接で5年後・10年後にいくら貰えるかの算段のために、昇給について聞き出すことです。(だって入社当時から給料がほとんど変わらなければ必ず転職したくなりますもの。)

書類通過してからがスタートラインです。スタートにも立っていないのに諦めるなんて早すぎます。
「私は●●ができます。●●は貴社でも役立つスキルです。また私は△△な性格なので、仕事は~~に進めていきます。仕事を~~と進めることで、未経験ではあるが貴社でも迅速に戦力になれます。」こういう風に、相手の会社にとって自分は必要な人材だ、未経験だけどすぐ追いつける、とアピールできていますか?
ただ私は●●が出来ます、だけではダメです。その後が大事です。
(もちろん自信過剰で生意気な人にならないように、湾曲表現してください。)

あと、自信を持ってください。
これまで仕事を進めてきた経験や、新しい仕事の覚え方、気が利く合いの手を入れること等は、新しい職場でも、したことの無い仕事でも、必ずあなたを助けます。

kaz********さん

2018/7/1213:56:30

私自身も30代後半で、つい最近、正社員になりました(未経験の業種)
事務的な仕事なのですが、最初にいってた条件の食い違いや、人間関係で早くも辞めたいレベルになってきているので、今、後悔中です。

私も、あなたと同じで20代は正社員、契約社員、バイトなど色んな仕事に就いて働いていました。業種はバラバラでしたが、その時はいろいろ経験出来て充実してたなって思っていました。が、30代になると、やはり20代でこれという仕事を見つけて、一貫してやっていたらよかったと後悔する日々です。その間、興味のある資格も取りましたが、未経験ということで、面接では冷たい言葉や態度で言われることも多々あったので、面接したくない気持ちになることもありました。


誰でも受かるような仕事は、あまりやらないほうがいいですね。やはり今までの仕事で専門性のある仕事の経験や、資格を活かさないともったいないと思います。
実際、私も仕事がなかなか仕事に就けなくて、派遣の仕事に就いたことがありますが、仕事の内容は単純で誰でもできるような仕事ばかりですし、高卒で運転免許すら持ってない、素行の悪い、コミュニケーションや会話も満足にできない人たちと、同じ給料で働くとなると、なんだかやるせない気持ちになって幻滅したこともありました。その人たちを見下すわけではありませんが、誰でもできるレベルの仕事はそんなもんです。どうしても生活費が必要で、希望の会社に行けないなら、一時的に働くのもアリですが、、。

一刻も早く自分がずっとしたい専門性の仕事を正社員として就いたほうが、よいですよ。今の日本は敗者復活させるほど優しくはないですから、早く行動したほうがよいです。年齢を取っていくと、新しいところに馴染むのも時間はかかります。

asp********さん

編集あり2018/7/1614:29:24

某国立大学を卒業後、就職失敗し、学歴を隠してゴミ収集作業員をやっていた者です。

まず今の日本では、新卒での就職失敗は、人生を棒に振ったも同然です。
非正規でも経験を積んでスキルアップ、というのは、残念ながら日本では通用しません。正社員と全く同じ仕事をし、高スキルを持っている非正規社員もいますが、今の転職市場では、非正規社員としての経験は、内容関係なく一切認められないのです。正社員としての職歴もなく国家資格をいくら取っても評価されません。

過去の負の経歴をすべて帳消しにできる資格といえば、医師免許くらいです。
医学部に行けるような天才や大富豪でない限り、人生を逆転するのは無理です。

たった一度の新卒での就職失敗で、二度と這い上がれなくなる社会は、あまりにも残酷ですが、残念ながらこれが現実です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる