ここから本文です

演算増幅器って何なんですか?何のためにあるのですか?詳しくわかりやすく教えて...

khfchyffddrthhctさん

2018/7/1303:52:47

演算増幅器って何なんですか?何のためにあるのですか?詳しくわかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
70
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oke********さん

2018/7/1311:02:35

>>演算増幅器って何なんですか?

信号同士を足したり引いたりするような演算のできる増幅器。

>>何のためにあるのですか?

信号同士を足したり引いたりするような演算をするため。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nex********さん

2018/7/1314:18:19

OPアンプの動作を詳しく知りたいのならば、参考書を買って勉強してください。
ここで詳しく説明しろといわれても、かったるくて、対応できまへん。図をたくさん描かなければならないので、無理でござんす。

nsp********さん

2018/7/1312:36:25

演算増幅器はオペアンプのことです。 アナログ信号を正確な倍数で増幅したり、合成したりするのが得意です。 今の世の中、計算はデジタルの演算で行なうコンピューターが中心となったために、アナログの演算は、ほとんど利用されていません。現在のオペアンプの役割は、勿論、オーディオ信号を増幅してヘッドホンを鳴らすのにも使われますが、精度を生かすなら、計測系の信号増幅が適所です。センサーと組み合わせることで、あらゆるものを計測数値化する機能の量子化の前段階《アナログ》を支えています。

演算増幅器の語源となったアナログ計算機は、微分方程式を解くための科学計算に利用され 有用なものでしたが、ソフトウエアなどの進展で、デジタルに置き換わっています。

dai********さん

2018/7/1310:50:26

数式の変数を電圧としていろいろな計算、四則や積分、微分などの計算を行わせるための基本要素です。

たとえば2つの足し算なら足される数;電圧V1、足す数;電圧V2として与えて演算の結果;V1+V2を電圧Voとして得る演算回路・・・・加算回路

V1やV2が時間的に変化するV1(t)、V2(t)のように与えられても結果Vo(t)が時間とともに得られます。

時間に連続的に計算されるのでアナログ演算と呼ばれます。

どのような演算を行うかは演算増幅器の周りに構成する回路によって決まります。

max********さん

2018/7/1309:29:19

演算増幅器ってオペアンプと言われます。
今はICですが、昔は50mm²位の四角いモジュールでした。
極東貿易が輸入してたフィルブリックネクサス製
これを組み合わせてアナログコンピュータを組み上げるのです。
演算させたい様に配線を変えるのです

通称オペアンプという認識でよいのかな? アナログコンピュータの基本部品だったと聞いたことがあります。
素人でもそれなりのアナログ回路が作れるので便利につかってます。微分や積分の応用が、フィルタ―として利用されたり、トランジスタと組み合わせて大電流流すような応用にも使われるので、あらゆるアナログ扱う製品の多くに使われているかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる